逃げ癖を乗り越える!逃げ癖の原因と克服する5つの方法について!

セルフコントロール

 こんにちは、レッド社長です。

 みなさん、何か困ったことや難しいことがあると、逃げたくなること、ありますよね?それを「逃げ癖」と言います。

 例えば、テストで悪い点を取ったとき、そのことを忘れたくてゲームをしたり、友達と遊んだり。でも、逃げてしまうと、その問題は解決しないままになってしまいます。

 この記事では、なぜ私たちは逃げたくなるのか、そして、その逃げ癖をどうやって乗り越えることができるのかをお話しします。逃げることから解放されて、もっと自分らしく生きるヒントを一緒に見つけていきましょう!

この記事はこんな人にオススメです!

  • 仕事の途中で挫折しがちな人
  • 自分の感情や考えに自信が持てない人
  • 仕事のストレスやプレッシャーに悩むビジネスマン

逃げ癖の原因

 逃げ癖ができる理由は人それぞれ。でも、よくある原因をいくつか紹介しますね。

  1. 怖い気持ち: 失敗するのが怖かったり、人に笑われるのが怖かったり。この怖さが、逃げたくなる気持ちを強くしています。
  2. 自信がない: 「自分にはできない」と思ってしまうと、挑戦する前に逃げてしまうことがあります。
  3. 過去の経験: 昔、頑張ったけどうまくいかなかったことがあると、それがトラウマになって、新しいことに挑戦するのが怖くなることも。
  4. 周りの目: みんながどう思っているか気になって、自分のやりたいことを我慢してしまうことも。

 逃げ癖の原因を知ることで、自分の気持ちに気づきやすくなります。次は、この原因をどうやって乗り越えるかを考えてみましょう。



逃げ癖を克服する5つの方法

①自分の気持ちを知る

 仕事で忙しいと、自分の気持ちに気づかないこと、ありますよね。しかし、自分の気持ちを知ることは大切です。

 例えば、プレゼンが怖い。でも、なぜ怖いのか考えてみると、実は「失敗したら上司に怒られるかも」という不安があったり。そういう気持ちに気づくことで、具体的にどう対処すればいいかが見えてきます。

 毎日の仕事の合間に、自分の気持ちを整理する時間を持つことをおすすめします。

②小さな目標を立てる

 大きな目標は、時々圧倒されてしまうことがあります。そんなときは、小さな目標を立ててみましょう。

 例えば、今月の営業目標を達成するために、今週は何件アポイントを取るか、1日に何件電話をかけるか。小さな目標を達成することで、自信がつき、大きな目標にも近づけるようになります。一歩ずつ、確実に前に進むことが大切です。

③友達や家族に話す

 仕事の悩みやストレス、一人で抱え込んでいませんか? たまには、友達や家族に話すことで、気持ちが楽になることがあります。

 彼らからのアドバイスや、ただ聞いてもらうだけでも、自分の中のもやもやが晴れることが多いです。仕事のことだからと言って、一人で悩む必要はありません。大切な人たちとのコミュニケーションを大切にしましょう。

④毎日の習慣を作る

 仕事が忙しいと、毎日の習慣を作るのは難しいかもしれません。しかし、習慣は成功への近道です。

 例えば、毎朝10分だけ自分のタスクを整理する、毎日夜5分だけ次の日の準備をする、などの小さな習慣を始めてみましょう。これが、大きな成果につながることも。

 習慣を作ることで、仕事の効率も上がり、自分の時間も増えるかもしれません。少しずつでもいいので、続けることが大切です。

⑤失敗を恐れない

 「失敗は成功のもと」とよく言いますよね。でも、実際には失敗するのは怖いもの。特に、ビジネスの場では。しかし、失敗を恐れて行動しないことは、新しいことに挑戦するチャンスを失うことになります。

 失敗したときは、その原因をしっかり分析し、次に活かすことを考えましょう。失敗を経験として受け入れ、成長のためのステップとして捉えることが、ビジネスマンとしての大きな武器になります。

さいごに

仕事において、時々逃げたくなる気持ちは誰にでもあります。しかし、その背後には自分の気持ちや不安が隠れていることが多いです。

 逃げ癖を乗り越えるためには、まず自分の気持ちを知ること、小さな目標を立てること、そして大切な人とのコミュニケーションが大切です。また、毎日の習慣を作り、失敗を恐れずに挑戦する勇気も必要です。そして、休息も忘れずに。これらのステップを踏むことで、もっと自分らしい働き方が見つかるはず。

 逃げるのではなく、前に進む力を持ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました