行動は21日、思考は180日で習慣化する!新しい生活習慣を形成するための方法とは?

セルフコントロール

 こんにちは、レッド社長です。

 私たちの日常生活は、さまざまな「習慣」で成り立っています。朝起きて歯を磨く、お茶を飲む、学校や仕事へ出かける。これらの行動は、私たちが考えることなく自動的にやっていることが多いですよね。

 でも、新しい習慣を身につけるのは簡単ではありません。よく言われることですが、新しい行動は「21日間」続けると習慣になると言われています。そして、新しい考え方や気持ちを身につけるのには「180日間」かかるとも言われています。

 この記事では、この21日と180日の法則について詳しく紹介し、新しい生活習慣を作るための方法を学びます。

この記事はこんな人にオススメです!

  • 新しい習慣を始めたい人
  • 自分の考え方や行動を変えたい人
  • 目標を持ちながらも途中で挫折してしまう人

21日での行動の習慣化

 私たちが新しい行動を始めたとき、最初は難しく感じることが多いです。例えば、毎日朝のジョギングや日記を書くことなどです。

 しかし、その新しい行動を毎日続けていくと、21日目くらいになると自然と行動するようになります。これを「21日の法則」と言います。

 なぜ21日で習慣になるのか。人間の脳は繰り返しの行動を通して、それが「普通」のことと認識するようになるからです。この21日間という期間が、新しいことを習慣として身につけるための鍵なんです。

 実際に、21日間毎日何かを続けると、その後は考えることなく自然に行動するようになります。ですから、新しい習慣を身につけたいと思ったら、最初の21日間はがんばって続けることが大切です。

180日での思考の習慣化

 私たちの考え方や気持ちも、実は習慣になることができます。行動の習慣化が21日かかるのに対して、考え方を変えるのはもう少し時間が必要です。具体的には、約「180日間」です。

 なぜ180日間かというと、私たちの心の中の考えや感じ方は、外から見えないので変えるのが難しいからです。でも、毎日の小さな努力で、徐々にポジティブな考え方や新しい価値観を育てることができます。

 例えば、毎日自分に良いことを3つ言ってみる、または毎日感謝の気持ちを持つことを意識する。これを180日間続けると、自然と前向きな考え方や感謝の気持ちが身についてきます。

 考え方や感じ方を変えるのは簡単ではありませんが、180日の法則を知って、日々の小さな努力を続けることで、心の習慣も変わってきます。

新しい生活習慣を形成する具体的な方法

 新しい生活習慣を作るためには、具体的な手順や方法を知っておくと、成功の確率が上がります。以下に、新しい生活習慣をしっかりと身につけるための方法をいくつか紹介します。

1. 目標を明確に設定する: 新しい習慣を始める前に、自分が何を達成したいのかをはっきりと考えましょう。例えば、「毎日10分間英語の勉強をする」という具体的な目標を設定することで、毎日の行動が明確になります。

2. 小さなステップから始める: 突然大きな変化を求めるのは難しいです。初めは小さなことから始め、徐々にその習慣を大きくしていく方法がオススメです。

3. 習慣を継続するための場所や時間を決める: 毎日同じ時間や場所で習慣を続けることで、それが自然と日常の一部になります。例えば、毎日朝の7時にリビングでヨガをすると決めるなど、具体的な計画を立てることが大切です。

4. 進捗を記録する: 新しい習慣の進捗をカレンダーや手帳に記録することで、自分の成果を実感することができます。これがモチベーションアップにつながります。

5. 仲間を見つける: 同じ目標を持つ友達や家族と一緒に習慣を続けることで、お互いに励まし合いながら進めることができます。

 新しい生活習慣を身につけるのは、簡単ではありませんが、上記の方法を試してみると、確実に前進できるはずです。



習慣化のメリットとデメリット

 習慣は私たちの生活を豊かにする強力なツールですが、それには良い面と悪い面があります。以下で、習慣化のメリットとデメリットを詳しく紹介します。

​メリット

  1. 効率的な生活: 習慣化することで、毎日の行動やタスクが自動的になり、無駄な時間やエネルギーを使わなくなります。例えば、部屋の整理整頓が習慣になれば、いつもきれいな部屋を保つことができます。
  2. 自信の向上: 習慣を続けることで、自分の能力や決意を実感でき、自信がつきます。
  3. 目標達成: 継続的に習慣を維持することで、大きな目標も少しずつ近づくことができます。

​デメリット​

  1. 固定的な思考: あることを習慣的に続けると、新しい方法や考え方に柔軟に対応するのが難しくなることがあります。
  2. 過度なストレス: 習慣を無理に続けようとすると、ストレスがたまることがあります。自分に合ったペースで進めることが大切です。
  3. 時間の縛り: 毎日同じ時間に習慣を続けることが縛りとなり、他の活動や趣味に時間を割くのが難しくなることがあります。

さいごに

 習慣化は私たちの生活に大きな影響を与えるものです。21日間の継続で新しい行動を、180日で新しい考え方を習慣として身につけることができます。

 習慣化には多くのメリットがあり、効率的な生活や自信の向上、目標の達成に役立ちます。しかし、固定的な思考や過度なストレスを感じるデメリットもありますので、注意が必要です。

 新しい習慣を形成する時は、自分に合った方法を選び、無理せず続けることが大切です。習慣は強力なツール。正しく使えば、素晴らしい未来を手に入れることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました