自己分析に役立つ『ジョハリの窓』をわかりやすく解説!正しいやり方とは?

心理学

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、ジョハリの窓について詳しく解説していきます。ジョハリの窓というものについてよく理解しておくことは、自己分析に役立てることが出来ます。

 あなたは本当に自分の性格を知っていますか?他人から見たら、実は自分で考えている性格とは全く違った性格かもしれません。

 ジョハリの窓を使った自己分析は、どのようにすれば私生活やビジネスシーンにおける対人コミュニケーションがより円滑になるか、という問題を解決することにつながります。

 さらに、部下やチームをまとめる立場であるリーダーも、ジョハリの窓を使った自己分析によって自分のことを客観視することは重要です。ジョハリの窓では、自分のことが相手にどこまで伝わっているのかを知ることが出来るからです。

ジョハリの窓

 「ジョセフの窓」はアメリカの心理学者であるジョセフ・ルフトとハリー・インガムによって考えられました。二人の名前を組み合わせ、「ジョセフの窓」と名付けられました。

 ジョハリの窓は、自分の性格やクセなどを4つの窓に分けて表したもののことです。

 人間には、自分にも他人にも知られている領域(開放の窓)、自分は知らないが他人には知られている領域(盲点の窓)、自分は知っているが他人には知られていない領域(秘密の窓)、自分も他人も知らない領域(未知の窓)の4つの領域があります。

 これを分析し、自分のことをよく知ることで、人間関係の改善や円滑なコミュニケーションに役立てることが出来ます。

 ジョハリの窓におけるそれぞれの領域は、自分のことや他人との関わりを見つめなおすことで変化させていくことが可能です。

 自分の性格や対人関係などに何か悩みを抱えている人は、ジョハリの窓を書いてみると何かがわかるかもしれません。

①開放の窓 (open self)

 開放の窓は、自分も他人も知っている領域のことです。

 この領域が広いということは、自己開示力が高いということです。逆に、開放の窓が狭いということは、他人に自分のことがよく理解されていないということになります。

 良い人間関係を築いたり自分を高めていくためには、開放の窓を広げていくことが重要です。

②盲点の窓 (blind self)

 盲点の窓は、自分は気づいていないが他人には知られている領域のことです。

 他人にこの領域のことを指摘された時は、素直に受け止め自分を見つめなおすことが大事です。盲点の窓を指摘してくれる他人のことは大切にしましょう。

 悪い指摘に関しては改善していくことで、トラブルの原因や誤解を与えてしまうことを回避することが出来ます。

③秘密の窓 (hidden self)

 秘密の窓は、自分では知っているが他人には知られていない領域です。

 この領域が広ければ広いほど、自己開示ができていません。人間関係を改善したりコミュニケーションを円滑にするためには、秘密の窓を狭くしていく必要があります。

 自分のことをもっと理解してもらうことを意識してコミュニケーションをとるようにしましょう。

④未知の窓 (unknown self)

 未知の窓は、自分も他人も知らない領域です。

 この領域には、今まで気づかなかった新たな性格や才能などの可能性がひそんでいる場合があります。

 自己開示力を高め開放の窓を広げていくことで、自分も他人も知らなかった可能性を発見できるかもしれません。



ジョハリの窓のやり方

 ジョハリの窓を使い自己分析を行う際の手順について説明していきます。

 まずは、①自分とかかわりのある人間を数人集めます。自分のことを良く知らない人にお願いしてもあまり正確なデータはとれません。また、このとき集める人間によって結果が変動する場合もあります。

 例えば、プライベートで遊ぶ友達たちだけを集めて分析を行えば、私生活でのあなたを分析することになります。対して部下のみを集めて分析を行えば、仕事面でのあなたを分析することになります。

 次に、②自分で自分の性格を書き出し、集めた人にあなたの性格を書き出してもらいます。書き出した性格は、多ければ多いほど深い分析をすることが出来ます。

 他人は、気を使って正直に書けない場合もあります。その場合は、匿名性にする、や「マイペース→落ち着いている」「プライドが高い→芯がある」のようにポジティブな言葉に変換してもらうなどにしてもらいましょう。

 最後に、③自分と他人の書いたものを4つの領域に分類します。良いことでも悪いことでも素直に受け止め、自分を見つめなおしましょう。

 「なぜこのように思われているのか」ということを考え、「改善するためにはどうすればいいのか」を意識して行動するようにしましょう。

さいごに

 今回は、ジョハリの窓について解説しました。ジョハリの窓による分析を使うことで、自己開示の状況や他人からの理解を知ることが出来ます。さらに「どのようにすればよいのか」ということを知ることも出来るので、自己の改善につながります。

 友達や部下との人間関係やコミュニケーションに悩んだときは、ジョハリの窓を使ってみるとそれまでわからなかったことを知ることが出来ます。就活や転職の際の自己分析にも役立てることが出来ます。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、『ジョハリの窓』について理解されたと思います。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました