期間を表す前置詞 “for, during, in, within” の違いと使い方

文法

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、期間を表す前置詞 “for, during, in, within” の違いと使い方について徹底解説していこうと思います。

 ”for, during, in, within” の4つは期間や時間の経過を表す意味を持っている前置詞です。

 区別せずに使っていると、不自然な文に聞こえてしまうので違いと使い方を知っていることはとても重要です。

for

 “for” は「どんくらいの時間」かの期間を表す前置詞です。「for+時間」「~のあいだずっと」という意味になります。

 「継続している時間」を表す時に用いられます。完了形などによく使われます。

  1. He has been sleeping for 3 days.(彼は3日間ずっと寝ています。)
  2. I have lived in Tokyo for 10 years.(私は10年間東京に住んでいます。)

during

 “during” は「特定の期間」を表す前置詞です。「during ~」「~中」という意味になります。

 ”during” のあとには「夏の間」や「戦時中」など具体的な期間が入ります。

  1. I went to the mountains during the summer vacation.(私は夏休み中に山に行った。)
  2. I slept during the movie.(私は映画中に寝てしまった。)



in

 期間を表す場合には “in” は「その期間の後」を表す前置詞です。意味も、「in ~」「~後」というようになります。

 「〇後に到着します」のような文の時に使われます。

  1. I’ll be back in one hour.(1時間後に帰ります。)
  2. The festival will be held in two years.(その祭りは2年後に開催されます。)

within

 “within” は「ある期間以内」を表す前置詞です。「within ~」「~以内で」という意味になります。

 「〇〇以内に到着します」のような文の時に使われます。

  1. I want to get married within 10 years.(10年以内に結婚したいです。)
  2. He will be here within 30 minutes.(彼は30以内には来るでしょう。)

さいごに

 今回は、期間を表す前置詞 “for, during, in, within” の違いと使い方について詳しく解説しました。

 ”for, during, in, within” の4つは期間や期限を表す前置詞です。ですから、しっかりとイメージを理解しておきましょう。



タイトルとURLをコピーしました