初心者でもわかる英語の基礎文法~比較級編~

こんにちは、レッド副店長です。

今回は、比較級について初心者でもわかるように徹底的に解説していこうと思います。

  1. 比較級表現とは
  2. 形容詞・副詞の語形変化
  3. 「The+比較級…, the+比較級~.」…すればするほど~
  4. 「比較級 and 比較級」どんどん~している
  5. 「A+倍数+比較級+ than+B」AはBの~倍…

今回は比較級の基本について解説したあと、基礎的な表現を3つ紹介しようと思います。



1.比較級表現とは

比較級表現とは、2つの物事を比較して差を示すときに使われる表現です。基本的な形は「A+比較級+than+B」で「AはBより~だ」と訳します。比較級は形容詞・副詞の後ろにerをつけた形であることが基本形となります。(例)long →longer

  1. I am taller than you.(私はあなたより背が高い。)
  2. Are you smarter than her?(あなたは彼女より頭がいいですか?)

2.形容詞・副詞の語形変化

基本的に覚えておくことは短い単語の後ろにはer をつけ、長い単語の直前にはmore をつける、と覚えておきましょう。また三単現のSと同じように、語尾が「~e」で終わる単語に対してはe を重ね、語尾が「母音+子音」の場合は子音を重ね、語尾が「子音+y」の場合は「y→ier」とします。文章での説明だと分かりづらいかもしれないので例を見てみましょう。

  • interesting→more interesting
  • popular→more popular
  • large→larger
  • wise→wiser
  • big→bigger
  • hot→hotter
  • happy→happier
  • pretty→prettier

ここまでは簡単ですが、形容詞・副詞の中には語形が不規則に変化するものがあります。ここでは、絶対に覚えておくべきものを紹介します。

  • good・well→better(良い)
  • bad・badly→worse(悪い)
  • many・much→more(多くの)
  • little→less(少しの)

この4つは最優先で覚えましょう。

比較級の語形変化は、実はネイティブも迷うことがあります(特にmoreをつけるか否か)。しかし受験などでは覚えないといけないので、色々な例をみて、パターンを感じ取れるようにしましょう。

それでは比較級を使った基礎表現をいくつか紹介していきます。

3.「The+比較級…, the+比較級~.」…すればするほど~

[The+比較級…, the+比較級~.]で「…すればするほど~」という表現を作ることができます。これは普通の比較級表現とは違う語順なので注意しましょう。

  1. The more time you spend, the sleepier we are.(あなたが時間をかければかけるほど私たちは眠くなる。)
  2. The more I’m in the pet shop, the more I want a dog.(ペットショップにいればいるほど犬が欲しくなる。)

4.「比較級 and 比較級」どんどん~している

同じ比較級をand でつなげることで「どんどん~している」という表現をできるようになります。

  1. In recent years, it’s getting hotter and hotter.(近年、どんどん暑くなっている。)
  2. He is becoming more and more famous.(彼はどんどん有名になっていく。)

5.「A+倍数+比較級+ than+B」AはBの~倍…

[A+倍数+比較級+than+B]で「AはBの~倍…だ」という表現をすることができます。倍数は「数字+times」で表すことができます。(ただし2倍はtwiceとあらわす。)

  1. China has a population 20 times larger than that of the France.(中国は人口がフランスの20倍ある。)
  2. He has a weight twice heavier than me.(彼は体重が私の2倍ある。)

この表現は[A+倍数+as+原形+as+B]と置き換えることもできます。

まとめ

今回は比較級表現について初心者でもわかるように解説しました。まずは基本の形をしっかり覚え、そのあとにさまざまな表現なども覚えていきましょう。



タイトルとURLをコピーしました