初心者でもわかる英語の基礎文法~最上級編~

こんにちは、レッド副店長です。

今回は、最上級表現について初心者でもわかるように徹底的に解説していこうと思います。

最上級表現について学ぶ前に、まずは比較級表現を先に学ぶことをお勧めします。(初心者でもわかる英語の基礎文法~比較級編~はこちら

  1. 最上級表現とは
  2. 形容詞・副詞の語形変化
  3. 最も~の1つ
  4. 今までAが~してきた中で最も

今回は、最上級の基本について説明したあと、基礎的な表現を2つ紹介しようと思います。



1.比較級表現とは

比較級表現とは、グループや団体の中で「最も~だ」という意味を示すときに使われる表現です。基本的な形は「A is the+最上級~」で「Aは最も~だ」と訳されます。最上級は形容詞・副詞の後ろにestをつけ、最上級の前にはthe をつけることが基本の形になります。(例)long→the longest

  1. I am the tallest in my class. (私はクラスで最も背が高い。)
  2. This movie is the best of all.(この映画はすべての中で最高の映画だ。)

最上級表現の文では、比較する範囲を示すときにin やof がよくつかわれます。「Aがいる場所や集団の場合はin」、「Aと同じメンバーや物質の場合はof」を使いましょう。

2.形容詞・副詞の語形変化

基本的に覚えておくことは短い単語の後ろにはest をつけ、長い単語の直前にはmost をつける、と覚えておきましょう。文を作るときは、最上級の先頭にthe を持ってくるのを忘れてはいけません。また三単現のSと同じように、語尾が「~e」で終わる単語に対してはe を重ね、語尾が「母音+子音」の場合は子音を重ね、語尾が「子音+y」の場合は「y→iest」とします。文章での説明だと分かりづらいかもしれないので例を見てみましょう。

  • 原形→比較級→最上級
  • interesting→more interesting→most interesting
  • popular→more popular→most popular
  • large→larger→largest
  • wise→wiser→wiseat
  • big→bigger→biggest
  • hot→hotter→hottest
  • happy→happier→happiest
  • pretty→prettier→prettiest

ここまでは簡単ですが、形容詞・副詞の中には語形が不規則に変化するものがあります。ここでは、絶対に覚えておくべきものを紹介します。

  • good・well→betterbest(良い)
  • bad・badly→worseworst(悪い)
  • many・much→more→most(多くの)
  • little→lessleast(少しの)

この4つは最優先で覚えましょう。

最上級の語形変化は、実はネイティブも迷うことがあります(特にmostをつけるか否か)。しかし受験などでは覚えないといけないので、色々な例をみて、パターンを感じ取れるようにしましょう。

それでは最上級を使った基礎表現をいくつか紹介していきます。

3.最も~の1つ

「one of the+最上級+複数名詞」で「最も~の1つ」という意味を表すことができます。この表現は、とてもよく出てきますし、使い勝手もよいので最上級を使った表現として、必ず覚えておきましょう。

  1. He is one of the most famous rappers in the world.(彼は世界で最も有名なラッパーの1人だ。)
  2. This is one of the best cameras of all.(これはすべてのカメラの中で最も良いものの1つだ。)

4.今までAが~してきた中で最も

「the+最上級+名詞(+that)+A have ever done~」で「今までAが~してきた中で最も…な[名詞]だ」という意味を表すことができます。これは、「今までの経験の中で最も~」という意味を表すため現在完了を使います

  1. He is the tallest student I have ever seen.(彼は私が今まで見てきた中で最も背の高い生徒だ。)
  2. This is the most interesting game that I have ever played.(これは私が遊んできた中で最も面白いゲームだ。)

まとめ

最上級表現は一度覚えてしまえば、とても便利で使いどころがある表現です。ぜひマスターして使ってみてください。



タイトルとURLをコピーしました