初心者でもわかる英語の基礎文法~文型編~

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は英語を学ぶ上で最も基本となる、5文型について徹底的に解説していこうと思います。

 英文は基本的にこの5文型のどれかに分類されます。ネイティブや英語の上手い人はみんな、無意識のうちに、この5文型の構造と仕組みに従って英文を作っています。高校受験、大学受験においても5文型について理解しておくことはとても重要になってきます。5文型について知っておくと、英文を作ったり読んだりするスピードが格段にアップします。

 それではさっそく5文型について解説していきます。

女の子, 英語, 辞書, 読む, 勉強する, 本, 開いた, 開いた本, 学生

文型を構成する要素

文型は

  • S (subject) …主語
  • V (verb) …述語動詞
  • O (object) …目的語
  • C (complement) …補語

※以降の説明では省略してS・V・O・Cと表記します。

の4つをルールにそって並び替えることで完成します。参考書などを見るとM(修飾語)という要素についても書かれていることもありますが、これは文型の種類には関係ないので他の4つを覚えてください。それでは次にそれぞれの文型についての説明に入ります。

1. 第1文型/ SV

第1文型は5つの中で、1番シンプルな文型です。

「S(主語)がV(述語動詞)する」というのが基本的な意味となっています。

  1. John stands. (ジョンは立ちます)
  2. I ran yesterday. (私は昨日走りました)

などのように主語と述語だけで文章が成立します。2つ目の例文の”yesterday”は「いつ走ったのか」という時間を説明するための修飾語なので”yesterday”という部分がなくても文章は成立します。

この第1文型で重要なのは、「Vは自動詞である」ということです。自動詞とは、自分だけで意味をなせる動詞ということです。ですから、”eat” “read” “buy”などを動詞として使った文は第1文型ではありません。”He read.”(彼は読んだ)と言われたら「なにを?」と思いませんか?しかし1や2の例文に対しては「なにを?」とは思わないでしょう。

2.第2文型/ SVC

「S(主語)はC(補語)だ」というのが基本的な意味です。補語には名詞や形容詞が入ります「S=C」が成り立つ文章は第2文型です。

第2文型に使われる動詞はパターンが少ないので覚えてしまえば簡単に見分けられます。主に、

  • 状態を表す動詞「~である」
  • 変化を表す動詞「~になる」
  • 感覚を表す動詞「~にみえる、感じられる」

の3つのパターンです。

  1. This book is mine. (この本は私のです。)←状態を表すパターン
  2. He got angry then. (彼はその時怒りました。)←変化を表すパターン
  3. The pizza tastes so good. (そのピザはとてもおいしいです。)←感覚を表すパターン

2つ目の文の”then”(その時)、3つ目の文の”so” (とても)は修飾語なのでなくても文章として成立します。

3. 第3文型/ SVO

「S(主語)はO(目的語)を/ OにV(動詞)する」というのが基本的な意味です。

第1文型とは逆に、V(動詞)には “send” “have” “like” などの他動詞しかはいりません。また第2文型と違い、第3文型では「S≠O」になります。

  1. I have two dogs. (わたしは二匹の犬を飼っています。)
  2. John hates her. (ジョンは彼女のことが嫌いです。)

1つ目の文の”two” (2匹の)は数を表す修飾語なので、なくても文章は成立します。

4.第4文型/ SVOO

SVO₁O₂では「S (主語)はO₁(人)にO₂(物)をV(動詞)する」というのが基本的な意味です。この辺からややこしくなってしまう方も多いと思うので、わかりやすく解説していきます。

第4文型は目的語を2つもちます。動詞に、2回連続で名詞が続いたら第4文型である場合が多いです。これも第3文型と同じく、V(動詞)は他動詞になります。また、第4文型を作るときは、1つ目の目的語が「人」になるように意識して気を付けましょう。

  1. My mother gave me an apple. (母は私にリンゴをあげました。)
  2. He told me his plan. (彼は私に彼の計画を伝えました。)

1つ目の文の”an”、2つ目の文の”his”は修飾語なので、なくても文章は成立します。

5.第5文型/ SVOC

「S(主語)はO (目的語)がC(補語)するのをV(動詞)する」「SはOをCだとVする」というのが基本的な意味です。

第4文型と違い、第5文型では「O=C」が成り立ちます。Oは名詞が多いですが、Cは名詞の他に形容詞の場合もあるので、「V→名詞→形容詞」をみたら第5文型の可能性が高いです。

  1. Her smile makes me happy. (彼女の笑顔は私を幸せにします。)
  2. You called me Joe. (あなたは私をジョーと呼びました。)

1つ目の文の”her”は修飾語なので、なくても文章は成立します。

さいごに

5文型は英語を学ぶ上で基礎でありながら最も重要なことです。理解を深めれば問題を解くスピードや英文読解、英文を作る能力が飛躍的にアップするのでしっかり覚えましょう。





タイトルとURLをコピーしました