初心者でもわかる英語の基礎文法~感嘆文編~

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、感嘆文について初心者でもわかるように徹底的に解説していこうと思います。

  1. 感嘆文とは
  2. 感嘆文の使い方

の順番に説明していきます。



1.感嘆文とは

 まず最初に、感嘆文とは「なんて~なのだろう!」というように感動を表現する文章です。

  • What a big dog!(なんて大きい犬なんだろう!)

 のように文の語尾には “!” をつけます。また、感嘆文には否定文や疑問文はありません。それでは具体的な分の作り方と使い方について説明していきます。

2.感嘆文の使い方

 まず感嘆文では、感動の対象が名詞なのか副詞や形容詞なのかによって文の構造が少し変わってきます。以下が具体的な基本構造になります。

感動の対象文の基本構造
名詞What+(a/an)+形容詞+名詞(+S+V)!
副詞/形容詞How+副詞/形容詞(+S+V)!

 文法的な説明より例文のほうがわかりやすいので、実際例文を見ていきましょう。

  1. What a beautiful bird!(なんて美しい鳥なんだろう!)
  2. What a big chicken you eat!(なんて大きいチキンを食べてるの!)
  3. How wonderful!(なんて素晴らしいんだろう!)
  4. How interesting this movie is!(この映画はなんて面白いんだろう!)

 例文1・3のように文によっては最後の “S+V” は省略することができる場合があります。

まとめ

 感嘆文は使うシチュエーションは少ないですが、 “what” と “how” の使いわけさえ覚えれば簡単なのでマスターしてみて下さい!



タイトルとURLをコピーしました