初心者でもわかる英語の基礎文法~動名詞(-ing形)編~

こんにちは、レッド副店長です。

今回は、動名詞(-ing形)の使い方について、わかりやすく徹底解説していこうと思います。

動名詞とは

動名詞とは動詞をing形にし、名詞として使うことを言います。動名詞は名詞の他に修飾語としても使われます。

名詞として使われる動名詞は「~すること」と訳すのが基本です。

今回は

  1. 主語
  2. 他動詞の目的語
  3. 前置詞の目的語
  4. 名詞の修飾
  5. 動名詞の否定形

の5つを動名詞の使い方として解説していきます。

学校の勉強, 書きます, 静物, 割り当て, ペン, 鉛筆, 目覚まし時計

1.主語としてつかう動名詞

動名詞は文章の主語として使うことができます。

  1. Drinking too much is so dangerous.(飲みすぎはとても危険です。)
  2. Studying English everyday is not easy.(英語を毎日勉強することは簡単じゃない。)

1の例文の”Drinking too much”、2の例文の”Studying English everyday”が主語として使われています。

2.他動詞の目的語

動名詞は他動詞の目的語にも使うことができます。

  1. He likes smoking.(彼は煙草を吸うのが好きだ。)
  2. I enjoy reading books.(私は本を読むことを楽しんでいます。)

1の例文の”smoking”、2の例文の”reading books”がそれぞれ動詞の目的語として使われています。

不定詞(to+動詞の原形)は他の記事で説明しますが、動詞によっては動名詞と不定詞のどちらを目的語とできるかが決まっている場合があるのでしっかり覚えましょう。

動名詞しか目的語にとれない他動詞(よく使われるもの)

  • enjoy:楽しむ
  • avoid:避ける
  • put off (= postpone):延期する
  • give up:諦める
  • look forward to:期待する
  • mind:気にする
  • deny:否定する
  • finish:終える

3.前置詞の目的語

動名詞は前置詞の目的語にもなります。原則として、不定詞(to+動詞の原形)は前置詞の直後にくることは出来ないので注意しましょう。

  1. He is good at singing songs.(彼は歌うことがうまい。)
  2. My father is fond of playing the piano.(私の父はピアノを弾くのが好きだ。)

1の例文の”singing songs”、2の例文の”playing the piano”が前置詞の目的語になっていますね。

4.名詞の修飾

ing形は名詞を修飾する場合にも使うことができます。「動詞+ing」の一語で名詞を修飾する場合は前から、「動詞+ing」のあとに一語以上続く句で名詞を修飾する場合は後ろから、と覚えておくとよいでしょう。

  1. The standing boy is my friend.(その立っている男の子は私の友達です。)
  2. The boy standing in front of my house is my friend.(私の家の前に立っている男の子は私の友達です。)

1の例文では”The boy”を修飾しているのが”standing”の一語だけなので名詞の前から修飾しています。

2の例文では”standing in front of my house”という二語以上の句で説明しているので名詞の後ろから修飾しています。

5.動名詞の否定

動名詞の否定は、動名詞の直前に”not”や”never”を置くだけです。「~しないこと」という意味になります。

  1. Not sleeping is so bad for our health.(寝ないことは健康にとても悪い。)
  2. Never cheating in an exam is important.(試験でカンニングしないことは重要だ。)

さいごに

動名詞をマスターするには、不定詞と区別して覚えることが大事です。特に、動名詞しかとらない他動詞は、今回紹介したものを中心にしっかり覚えましょう。



コメント

  1. […] りのことです。意味としては動名詞と似ているのですが細かいところで動名詞と異なるのでしっかり差別化して覚えましょう。(初心者でもわかる英語の基礎文法~動名詞編~はこちら) […]

タイトルとURLをコピーしました