リーダーを4タイプに分けるPM理論とは?理想のリーダー像を知ろう!

心理学

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、リーダーを4つのタイプに分類するPM理論について解説していこうと思います。PM理論を理解することで、そのリーダーを客観的に分析することが出来ます。そうすることで、現状をどのように改善すれば、理想のリーダーに近づくことが出来るのかを知ることにつながります。

 良いリーダーは、チームをまとめ、それぞれのメンバーの能力を最大限まで引き出します。厳しいだけでは部下を委縮させてしまいますし、甘やかすだけではチームがうまくしまりません。

 現在リーダーの立場でそのあり方に悩んでいる人、これからリーダーになることを目指している人はPM理論を理解することで、これから役立てていきことが出来るでしょう。

PM理論とは?

 PM理論は、1966年に社会心理学者の三隅二不二みすみじゅうじによって提唱されたリーダーシップ行動論です。

 PM理論では、リーダーシップは、目標を達成するためにメンバーを動かしたり計画を立てたりするP機能(Performance function:目標達成機能)と、チームの雰囲気を良くしチームワークを高めるM機能(Maintenance function:集団維持機能)の2つの要素で成り立っています。

 このP機能とM機能の強弱によってリーダーを4タイプ(PM型、Pm型、pM型、pm型)に分類します。自己評価だけでなく部下による他者評価を参考にすることで、より正確に客観視することが出来ます。

 チームとして目標を達成を強く意識する能力と、チームをまとめる能力のどちらかが欠けていると理想のリーダーとは言えません。理想のリーダーになるためには、P機能とM機能の両方を意識して高めていく必要があります。



リーダーの4タイプ

 リーダーは、P機能(目標を達成する能力)M機能(チームをまとめる能力)の強弱によって4つのタイプに分類することが出来ます。

 自分のリーダーとしてのタイプをしっかりと分析し、弱点を改善をしていくことで、理想のリーダータイプ(PM型)にかわっていくことが出来ます。

PM型

 P機能とM機能が両方とも強いタイプです。目標を明確にし部下に正確な指示をだし厳しく指導しつつ、チームの雰囲気にも気を配りチームワークを強化していくことも怠らないリーダーです。理想的なリーダーのタイプといえます。メンバーの満足度も高く、最も優秀です。

Pm型

 P機能は強いですが、M機能が弱いタイプです。目標を明確にし目標達成のために誠心誠意に取り組みますが、部下・メンバーに対しての気配りが足りず、チームを上手くまとめることが出来ません。結果は出しますが、メンバーからの評価は低く人望がないタイプのリーダーです。

 理想のリーダーになるためには、部下・メンバーに気を配り、チームをまとめる能力を身につけることが必要です。

pM型

 P機能が弱く、M機能が強いタイプです。人間関係やチームの雰囲気を大事にしていますが、明確な目標をたてて達成する能力は低いです。メンバーからの評価が高く人望はあるものの、メンバーに厳しく指導し結果を出す能力が欠けているタイプのリーダーです。

 理想のリーダーになるためには、目標を達成するということを重視していくことが必要です。

pm型

 P機能とM機能が両方とも弱いタイプです。目標を達成する能力も、チームをまとめる能力も低いです。リーダーとしては失格のタイプです。

 目標を明確にし達成する能力と、チームをまとめる能力を高めていくことで、理想のリーダーに近づいていきます。

さいごに

 今回は、PM理論について解説しました。PM理論を理解し自分を分析することで、今リーダーの立場で悩んでいる人もリーダーを目指している人も、これから役立てることが出来るはずです。

 チームの生産性は、リーダーによって良くも悪くもなります。リーダー個人の能力だけが優秀でもメンバーをまとめることが出来なければ、それは良いリーダーとは言えません。織田信長が勢力を拡大していくことが出来たのは、集団をまとめる能力にも非常に長けていたからです。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、理想のリーダーになるために必要な条件を理解されたと思います。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました