ラテラルシンキングとは?ロジカルシンキングとの違いやビジネスでの活用法について!

ビジネス力

 こんにちは、レッド副店長です

 近年、多くのビジネスパーソンやクリエイターたちが「思考法」に焦点を当てるようになりました。

 新しいアイディアを生み出すこと、困難な問題に直面したときの解決策を模索する際、私たちがどのように考えるかは非常に重要です。中でも、「ラテラルシンキング」「ロジカルシンキング」という二つの考え方が注目されています。

 これらは一見似ているように思えるかもしれませんが、実際には根本的な違いが存在し、それぞれ異なる場面での活用が期待されます。

 この記事では、ラテラルシンキングとは何か、そしてそれがロジカルシンキングとどう違うのかを解説します。新しい視点で物事を考え、ビジネスの可能性を拡げる手助けとなることを願っています。

ラテラルシンキングとは

ラテラルシンキングは、「水平思考」とも言われ、従来の直線的な考え方や一般的な論理からは外れる、新しい視点やアプローチで問題解決を試みる思考法です。

 エドワード・デボノ博士によって提唱されたこの方法は、常識や既存のフレームから自由になり、独自のアイディアを生み出すことを目指します。

 例えば、問題の解決策を直接探るのではなく、まったく異なる角度からアプローチしてみる、といった方法が取られます。これにより、未知の解や革新的なアイディアが生まれることも。ラテラルシンキングは、”なぜその答えが出ないのか”という問いを立てるのではなく、“他にどんな答えが考えられるだろうか”という発想の転換を促します。

 クリエイティブな発想が求められる現代社会において、このラテラルシンキングは非常に有効なツールと言えるでしょう。

ロジカルシンキングとの違い

 ロジカルシンキングとは、論理的思考を基にした問題解決のアプローチです。明確な原則やルールに基づき、段階的・組織的に情報を整理し、結論を導き出すことを重視します。

 対照的に、ラテラルシンキングは、既存の論理や枠組みを超えて、新しい視点や方法で問題にアプローチします。従って、ロジカルシンキングは「正しい答え」を見つけることが目的であるのに対し、ラテラルシンキングは「新しい答え」を探ることを目的とします。

 具体的には、ロジカルシンキングでは問題の原因を特定し、その原因に基づいた解決策を導き出す手法が取られます。一方、ラテラルシンキングは問題そのものの捉え方を変えることで、まったく異なる解決策を模索することが特徴です。

 この二つの思考法は、それぞれのシチュエーションや目的に応じて使い分けることで、より効果的な結果を得ることができるでしょう。



ビジネスでのラテラルシンキングの活用法

 ビジネスの現場でラテラルシンキングを活用することは、新しいアイディアやソリューションの創出に非常に有効です。

①:新製品やサービスのアイディア開発

 既存の市場や競合の動向に囚われず、顧客の未知のニーズや新しい価値を提供するアイディアを探求します。

②:問題解決の手法

 従来の方法で解決が難しい課題に対して、新しい視点やアプローチで取り組むことで、意外な解決策が見えてくることがあります。

③:ブレインストーミングセッション

 メンバー全員がラテラルシンキングの手法を取り入れ、自由な発想で意見やアイディアを出し合うことで、多角的な提案が生まれます。

④:マーケティング戦略の立案

 既存の市場分析や競合状況から一歩踏み出し、独自のマーケティング手法やキャンペーンアイディアを考える際に有効です。

⑤:組織文化の形成

 従来の組織の枠組みやルールに縛られず、新しい働き方やコミュニケーション方法を模索する際に、ラテラルシンキングの考え方を取り入れると効果的です。

ラテラルシンキングを取り入れるためのステップ

 ラテラルシンキングを効果的に取り入れるためには、日常のルーチンの中でステップを意識的に実践することが求められます。定期的に自分自身の思考や行動を振り返り、新しい視点で物事を考える習慣を身につけることが重要です。

 ラテラルシンキングを日常的に取り入れ、アイディア創出や問題解決の能力を向上させるための具体的なステップを以下に示します。

①:既存の枠組みを意識的に挑戦する

 まず、自分が持っている先入観や既存の枠組みに疑問を投げかけ、それらを超える思考を試みます。

②:多角的な情報収集

 異なる業界や文化、専門分野の知識を学び、視野を広げることで新しいアイディアの種を見つけます。

③:定期的なブレインストーミング

 グループでのアイディア出しを定期的に行い、自由な発想の場を設けることが重要です。

④:「何も考えずに」の時間を作る

 時には意識的に何も考えずに過ごす時間を持つことで、直感やひらめきが生まれやすくなります。

⑤:アイディアを具体的に可視化する

 思いついたアイディアを紙やボードに書き出し、具体的な形にすることで、新たな視点や関連性が見えてくることがあります。

⑥:フィードバックの収集

 他者からの意見やフィードバックを積極的に収集し、自らの考え方やアイディアを再評価する機会を持つことが大切です。

さいごに

 ラテラルシンキングは、既存の枠を超えた新しい視点での思考法です。この手法は、ロジカルシンキングとは異なり、新しいアイディアや解を生み出す力に優れています。

 ビジネスの現場では、新製品の開発からマーケティング戦略の立案まで、多岐にわたる場面での活用が期待されます。ラテラルシンキングを実践するためのステップを意識的に取り入れることで、クリエイティブな思考を磨き、ビジネスの競争力を高めることができます。

 日々の業務や課題解決において、この新しい思考法を取り入れ、革新的なアプローチで成功を手に入れましょう。



タイトルとURLをコピーしました