マグレガーの提唱したX理論とY理論とは?チームのやる気を引き出すマネジメント法!

心理学

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、チームのメンバーのやる気をアップさせるときに役立つX理論とY理論とはどのようなものかについて解説していこうと思います。

 あなたはXY理論というものを聞いたことがありますか?XY理論とは、アメリカの心理学・経営学者ダグラス・マグレガーによって提唱された理論です。

 XY理論では、人間の働くことに対する態度を対照的なX理論とY理論にわけて考えています。この2つの考え方を理解することで、メンバーや部下のやる気の引き出し維持させるにはどうすれば良いかなど、マネジメントの際に役立てることが出来ます。

X理論とは

 X理論は、性悪説をもとにした理論です。性悪説とは、「人間は本来悪人である」とする考え方です。

 X理論では、人間は放っておけば怠けさぼってしっまう生き物なので、上司が強制的に働かせる必要があるとしています。

 ほとんどの人間は働くことや責任感を持つことを嫌っており、大きな目標や夢のために努力するのではなく安定した生活を望んでいます。そのため自ら進んで仕事をするのではなく誰かに命令・強制されるほうが良いと思っています。

 チームや部下をまとめ上げるためには、厳しくして強制したり報酬を用意したりするなど「アメとムチ」を上手く使う必要があります。ときには「目標を達成できなければ減給する」といった方法でモチベーションを強制的に維持させます。

 しかし、部下に期待せず命令・強制を繰り返していると、部下にゴーレム効果(命令がないと動けなくなること)が生じてしまう可能性があります。

 少し昔の経営では、このX理論を使うことで社員を働かせていたが、現在は様々な問題によりX理論を使う企業は少ない。ただし一部では残っていることもある。

 ただ、一概にX理論が悪いとは言えません。十分な経験を積んでいない部下に仕事をさせる時や、リーダー自ら監督する必要がある業務などでは、X理論を使った方が効果的な場合があります。

Y理論とは

 Y理論は、性善説をもとにした理論です。性善説とは、「人間は本来善人である」とする考え方です。

 Y理論では、ほとんどの人間は自ら積極的に働こうとする生き物で、自分の力で目標を達成することに喜びを感じとしています。。

 上司に強制・命令されなくても、「もっと成長したい」「より大きな案件をこなしたい」という欲求を持っています。そのため部下に適切な目標を与え、意欲的に活動できる環境を整えることでモチベーションを高めることが出来ます。

 近年の多くの企業では、Y理論を使ってチームや部下にやる気を出させることが主流になっています。部下に期待をすると、部下もそれにこたえようとしてくれるので加速度的に部下の成長を促すことが出来ます。

 ただ、何でもかんでも部下に任すのではなく、その部下の経験値や熟練度を考慮して適度な目標や課題を与えることが重要です。



XY理論とマズローの欲求5段階説

 「欲求5段階説」とは、1954年にアメリカの心理学者であるアブラハム・マズローによって提唱された考え方です。人間の欲求は以下の5段階に分けられます。

  1. 生理的欲求:食・睡眠・排泄など人間が生きる上で最低限必要となる欲求です。
  2. 安全欲求:身の安全を確保したいという欲求です。
  3. 社会的欲求:仲間や集団に受け入れられたいという欲求です。
  4. 承認欲求:他人に認められ尊重されたいという欲求です。
  5. 自己実現欲求:自分の可能性を最大限実現させたいという欲求です。

 人の欲求は、「生理的欲求→安全欲求→社会的欲求→承認欲求→自己実現欲求」の順番に満たされていきます。欲求5段階説の詳しい解説はこちら

 X理論における人間の性質と行動は、低次の欲求(生理的欲求・安全欲求)を比較的多くもつ人間をモデルとしています。

 Y理論における人間の性質と行動は、高次の欲求(社会的欲求・承認欲求・自己実現欲求)を比較的多くもつ人間をモデルとしています。

さいごに

 今回は、マグレガーによって提唱されたX理論・Y理論とはどのような考え方なのかについて解説しました。この考え方を適切に使うことが出来れば、部下やチームのメンバーのモチベーションを引き出しまとめ上げることが出来るでしょう。

 XY理論のどちらが正しいとか間違っているとかではなく、どちらもシチュエーションによって使い分けることで効果的に役立てることが可能です。理論を理解できたら、仕事をスムーズにこなしていくために部下をどのような環境に置くことが正解なのかを見極める能力を磨きましょう。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、部下のモチベーションを向上させるXY理論について理解されたと思います。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました