パーソナルスペース(対人距離)とは?人間関係で使える心理学テクニック!

心理学

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、パーソナルスペースについてわかりやすく解説していきます。パーソナルスペースについて知ることで、相手と適切な距離感を保てたり、相手との距離を縮めたりなど、人間関係において様々なところで役立ちます。

 パーソナルスペースという言葉を聞いたことはありますか?言葉は知らなくても、無意識のうちにパーソナルスペースを意識して生活しているはずです。

 例えば、自分以外誰もいなかった電車に、知らない人が乗ってきたとします。電車はとても空いているのにもかかわらず、その人があなたの横に座ってきたらどう感じますか?

 おそらくほとんどの方は居心地が良くない・不愉快に感じると思います。それはあなたのパーソナルスペースが侵害されたからです。

 もし、隣りに座ってきたのがあなたの親友や恋人だったら感じ方も変わりませんか?

パーソナルスペース

 パーソナルスペースとは、誰もが無意識のうちに使っている対人距離のことです。相手との親しさによって、許容する距離感は変わります。

 これは動物が縄張りを持つことと似ています。クマやカバは、自分の縄張りに入った動物に対しては敵意をむき出しにして襲いかかります。

 同じように人間も、親しい人と知らない人では距離感を使い分けています。いきなり知らない人が至近距離に来ると不快に感じ、警戒します。

 アメリカの文化人類学者であるエドワード・ホールは、このパーソナルスペースを4つ(密接距離個人距離社会距離公衆距離)に分け、更にそれを細かく近接相遠方相の2つに分けました。

密接距離(0〜45cm)

 とても親密度が高い人であれば入っても不快に思わない距離です。

近接相(0〜15cm)

 匂いや体温、息づかいまで伝わる距離です。ハグやキスなど身体同士のコミュニケーションがとられる距離感です。

遠方相(15〜45cm)

 手の届く距離です。恋人や家族など親しい人以外の人間がこの距離にいると不自然な距離感です。

 満員電車やエレベーターでストレスを感じるのは、この距離が侵害されているからです。

個人距離(45〜120cm)

 友人や知人と過ごすときの距離です。

近接相(45〜75cm)

 どちらか片方が、手や足を伸ばせば相手のことを掴んだり抱きしめたりすることができる距離です。基本的に、夫婦や恋人同士がコミュニケーションを取るときの距離感です。

遠方相(75〜120cm)

 お互いが手を伸ばせば、指先がギリギリ届くくらいの距離です。個人的に話しかけたり、要件を伝えるときの距離感です。

社会距離(120〜360cm)

 ビジネスシーンなどオフィシャルな場面において丁度いいくらいの距離です。

近接相(120〜210cm)

 手を伸ばしても相手の身体に触れることはできませんが、相手の表情の変化には気付くことができる距離です。

 上司や部下・同僚など仕事仲間と過ごすのに適している距離感です。会社などでの客に対応するときなどにも適しています。

遠方相(210〜360cm)

 相手の体に触れることはできませんが、相手の姿の全体を見ることができる距離です。オフィシャルな場面には適している距離感です。

 公的な面談などの他に、クラスでの授業などはだいたいこの距離で行われます。

公衆距離(360cm〜)

 個人的な関係としては成立しにくい距離です。

近接相(360〜750cm)

 見ず知らずの人であったり、講演会や演説をするときなどの距離です。相手のことがあまり細かくは見えないため、個人的な会話には向いていません。

遠方相(750cm〜)

 大きな会場での演説や公演などで使われる距離です。ある程度大きな声でないと相手に伝わらず、コミュニケーションには身ぶりなどが中心になります。



親密度を高めるには

 パーソナルスペースを利用することで、相手との親密度を高めることができる場合があります。

 ある知り合いと、友達以上の関係になりたい場合、物理的な距離を縮めていくことで相手に意識してもらえるようになることがあります。

 しかし、一気に距離をつめすぎると逆に嫌われてしまったり警戒されてしまう場合があります。相手が腕や脚を組んだら、距離を取りたいサインなのですぐに離れましょう。

 一般的には、男性の方が女性よりもパーソナルスペースは広いと言われています。要するに、男性の方が縄張り意識が強く相手との距離に敏感だということです。

 女性の方が男性よりもパーソナルスペースが狭いので、満員電車やエレベーターなどの人混みに対しての耐性は高いです。

 性別だけでなく人種などによってもパーソナルスペースの意識の強さは異なるとも言われています。相手のパーソナルスペースを理解して上手く距離を縮めることができれば、相手とより親密になることが可能です。

さいごに

 今回は、パーソナルスペースについて解説しました。パーソナルスペースを理解して上手く操ることで、相手との距離を縮めたり相手に好かれやすくなったりすることができます。

 友達が多い人やみんなからの好感度が高い人は、無意識のうちに相手のパーソナルスペースを見極めてコミュニケーションをとることができていることが多いです。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、パーソナルスペースについて理解されたと思います。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました