アンガーマネジメントとは?怒りをコントロールするメリットや実践テクニックについて!

セルフコントロール

 こんにちは、レッド社長です。

 皆さんは、怒りを感じた経験がありますか? たとえば、仕事でのミスや、同僚との意見の違いでイライラしたりするなどです。

 しかし、怒りっぽくなると、自分も相手も不快になり、コミュニケーションが難しくなりますよね。特に、ビジネスの場では、怒りを上手く扱えるかどうかが大切です。

この記事では、怒りを上手にコントロールする「アンガーマネジメント」について、シンプルに説明します。ビジネスマンの皆さん、怒りの感情をうまく扱う方法、知りたくないですか?

この記事はこんな人にオススメです!

  • 短気な性格に悩んでいる人
  • リーダーシップを担当するマネージャーや上司
  • ビジネスの交渉や提案を頻繁に行う営業職

アンガーマネジメントとは

 アンガーマネジメントとは、文字通り「怒りの管理」を意味します。しかし、これはただ怒りを我慢することを指すわけではありません。怒りを上手く扱う、適切に表現する方法を学ぶことを指します。

 仕事の中で予期せぬトラブルや同僚との意見の違いなど、怒りやイライラを感じる瞬間はたくさんありますよね。そんな時、アンガーマネジメントの技術を使えば、自分の感情をコントロールし、相手との関係を良好に保つことができます。

 ビジネスの場面では、怒りを感じても冷静に、そして相手を尊重して行動することが求められます。この技術は、ビジネスマンにとって非常に役立つスキルと言えるでしょう。

怒りをコントロールするメリット

①人間関係の向上

 怒りを感じると、言葉のトーンや態度が変わってしまい、相手を傷つけることがあります。しかし、怒りをうまくコントロールできれば、人との関係がスムーズになります。

 特に、ビジネスの現場では、良好な人間関係は成功のカギとなるので、怒りの感情を管理することは大切です。

②ストレスの軽減

 怒りをためすぎると、頭や胸が痛くなること、寝つきが悪くなるなど、体にも悪影響を及ぼします。怒りを溜めずに適切に表現することで、心の負担や体のストレスを減らすことができます。

 毎日の業務でリフレッシュした状態で取り組むためにも、このスキルは重要です。

③効果的なコミュニケーション

 怒りの状態で意見を伝えると、相手は防御的になり、真意が伝わりにくくなります。一方、冷静になって意見を伝えると、相手も受け入れやすくなる。

 ビジネスでは、正確なコミュニケーションが非常に大切。怒りをコントロールすることで、相手との意見交換がよりスムーズになります。



実践テクニック

①6秒ルール

 「6秒」という時間は、感情が高ぶった時に冷静になるための魔法の時間です。怒りやイライラを感じたとき、直ぐに反応せずに6秒だけ待ってみることで、頭を冷やしやすくなります。

 この6秒間に深呼吸をしたり、周りの状況を観察することで、感情のピークを乗り越えることができるのです。

 ビジネスの場面では、迅速な判断や行動が求められることが多いですが、感情が介入してしまうと冷静な判断が難しくなることも。そんな時に「6秒ルール」を思い出して、一呼吸置いてから行動することで、より賢明な選択をする手助けになるでしょう。

②深呼吸

 怒りの感情は、時に突如として心を掴んで離さなくなることがあります。そんな時、深く息を吸って、ゆっくりと吐き出す「深呼吸」を試してみましょう。深呼吸は、心拍数を落ち着かせる効果があり、怒りの感情を和らげるのに役立ちます。

 ビジネスの場面で緊張や怒りが高まったと感じた時、数回の深呼吸を繰り返すだけで、頭がクリアになることを実感できるでしょう。

③タイムアウト

 怒りが頂点に達した時、その場を離れる「タイムアウト」のテクニックは、非常に効果的です。一度距離を置くことで、冷静に事態を見直す時間が持てます。

 例えば、会議中に意見の食い違いから怒りが湧き上がった時、一時的に部屋を出て、水分を取るなどしてリフレッシュすることで、再び冷静な状態で議論に参加することができます。

 ビジネスの場では、冷静な判断が求められるので、タイムアウトのテクニックは重宝します。

④感情のラベリング

 感情は、時に言葉で表すのが難しいもの。しかし、自分の感じていることを具体的な言葉で捉える「感情のラベリング」は、怒りをコントロールするのに役立ちます。

 例えば、「今、私はイライラしている」と自分に告げるだけで、その感情を少し距離を持って見ることができます。

 ビジネスの場面で、感情が高ぶった時、一度言葉で自分の気持ちを確認することで、冷静になる手助けになるでしょう。

⑤ポジティブな考え方へのシフト

 困難な状況や失敗は、ビジネスにおいては避けられないもの。だからと言って、マイナスのことばかりに焦点を当てると、気持ちはどんどん暗くなってしまいます。

 そんな時は、「この状況から学べることは何だろう?」や「これをチャンスに変える方法は?」と、プラスの面を探す努力をしましょう。ポジティブな考え方を心がけることで、怒りや落ち込みから立ち直る力がつきます。

⑥相手の立場を理解

 言葉のやり取りの中で、時に相手の考え方や行動に不満を感じることがあるかと思います。しかし、一度立ち止まって、相手の気持ちや背景を理解しようとすることは、怒りを抑えるのに役立ちます。

 ビジネスマンとして、相手とのコミュニケーションを円滑に進めるためには、相手の立場を尊重し、共感することが大切です。

さいごに

 ビジネスの世界は、毎日のようにさまざまな判断やコミュニケーションが求められます。その中で怒りやイライラを感じることもあるでしょう。

 しかし、感情のコントロールや冷静な判断ができる人は、人間関係の構築や仕事の効率が良くなります。今回紹介した「6秒ルール」や「深呼吸」などのテクニックを思い出し、日々の業務に取り入れてみてください。

 怒りの感情を上手く扱えることは、ビジネスの成功への一歩となるはずです。

タイトルとURLをコピーしました