アクティブリスニングとは?相手を深く理解する方法について解説!

ビジネス力

 こんにちは、レッド副店長です。

 コミュニケーションのスキルは、私たちの日常生活や仕事において欠かせないものとなっています。

 特に、ただ相手の言葉を聞くだけでなく、その背後にある思いや感情まで察知し、深く理解する「アクティブリスニング」は、現代社会での人間関係をより良好にする鍵となっています。

 本記事では、アクティブリスニングとは何か、なぜそれが重要なのか、そしてその技法や日常での実践方法を徹底的に解説していきます。あなたのコミュニケーションの質を一段と高めるための手引きとして、ぜひ最後までお読みください。

アクティブリスニングの定義

 アクティブリスニングは、文字通り「積極的な聴き手」という意味を持ちますが、それだけではない深い意味が込められています。

 このリスニングは、単に相手の言葉を聞くだけでなく、その言葉の背後に隠された感情や思いを察知し、相手の立場や気持ちを深く理解するためのコミュニケーション技法です。

 アクティブリスニングの中心には、相手を尊重し、全注意を向けて聴く姿勢が求められます。その結果、相手は受け入れられていると感じ、より開かれたコミュニケーションが生まれるのです。

 この技法は、心理学やカウンセリングの現場で発展してきたもので、今ではビジネスや日常の人間関係の場でも多く取り入れられています。

アクティブリスニングのメリット

 アクティブリスニングには多くのメリットがあります。

 第一に、相手の気持ちや考えを深く理解することができるため、信頼関係の構築が容易になります。良好なコミュニケーションの土壌ができることで、誤解や対立を避ける助けとなり、円滑な人間関係を築くことができます。

 また、アクティブリスニングを実践することで、相手が自らの考えや感情を自分で認識し、整理する機会を提供することができます。これにより、相手が自己認識を深める手助けとなるため、問題解決に向けてのアイディアや提案が生まれやすくなるのです。

 さらに、アクティブリスニングを実践することは、自身の聴く力や共感力、対話能力を高めるトレーニングにもなります。日常のさまざまな場面でのコミュニケーションの質を向上させる手助けとなることでしょう。

アクティブリスニングの具体的な技法

 アクティブリスニングを実践するための技法はいくつか存在します。

 まず「反映」は、相手の言葉を自分の言葉で再度述べることで、相手の気持ちや考えを理解しようとする技法です。「あなたはそれに対して不安を感じているのですね」というように、相手の感情や意見を確認する形で反映します。

 次に「要約」は、話を聞きながらポイントを取りまとめ、短く述べることで、相手の話を理解していることを示す技法です。この時、大事なのは要点を逃さず、かつ簡潔にまとめることです。

 さらに、「確認」は、相手の言葉の意味や感情を正確に捉えるために、確認の質問を投げかける技法です。「それは、具体的にどういうことを指していますか?」といった確認の質問を投げかけることで、より深い理解を目指します。

 これらの技法を組み合わせることで、相手の話を真摯に受け止め、深く理解するコミュニケーションを実現できます。



よくある誤解と対処法

 アクティブリスニングに関する誤解として多いのは、「ただ黙って聞いているだけ」というもの。しかし、アクティブリスニングは単に聞くだけではなく、相手の言葉と感情を深く理解し、それを反映する技術です。

 また、アクティブリスニングをする際に、相手の言葉をそのまま繰り返すだけでは、単なる繰り返しとなり、真の理解には繋がりません。真摯な態度で相手の言葉を受け止め、自分の言葉で要約や反映することが大切です。

 対処法としては、まずアクティブリスニングの真意を理解し、実際にコミュニケーションの場で意識的に実践してみることです。具体的な技法を活用しつつ、自分自身の理解度や相手の反応を確認することで、スキルを磨いていくことができます。

アクティブリスニングを日常に取り入れる

 アクティブリスニングは、日常のさまざまな場面でのコミュニケーションの質を向上させるための有効な手段です。

 まず、日常の中で「聞く」ことに意識的に時間を割くことを心がけましょう。相手が話しているときは、スマホの操作や他の作業を止めて、目を向け、耳を傾けることが基本です。

 また、相手の言葉を受け止めた後には、自分の言葉で要約してみる、あるいは感想や質問を交えてフィードバックすることで、アクティブリスニングのスキルを実践できます。

 日常生活の中で、家族や友人、同僚との会話を大切にし、その中でアクティブリスニングの技法を取り入れてみることで、相手との関係がより深まることを実感できるでしょう。

さいごに

 アクティブリスニングは、相手の言葉を深く理解し、より質の高いコミュニケーションを実現するための技法です。

 単に言葉を聞くだけでなく、心を開き、相手の立場や感情を尊重しながら対話することが重要です。日常生活の中での家族や友人、職場の同僚とのコミュニケーションの質を向上させるために、今日からアクティブリスニングの技法を意識的に取り入れてみましょう。

 この技法を習得することで、相手との関係が深まり、生活の中での多くの誤解やトラブルを避けることができるようになります。



タイトルとURLをコピーしました