お酒を飲むメリット・デメリットってなに?酒は百薬の長って本当?

セルフコントロール

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、飲酒することのメリットとデメリットを紹介していきます。

 「酒は百薬の長」ということわざを知っていますか?「適度な飲酒はどんな良薬にも勝る」という意味です。しかし本当にお酒にそこまでの効果があるのでしょうか。

 あ酒を飲むことが好きな人はたくさんいますよね。毎晩お酒を飲むことがルーティンになっている人も多いのではないでしょうか。飲酒のメリットとデメリットを知り、上手に飲酒ライフを楽しみましょう。

飲酒のメリット

 色々なところで禁酒がすすめられていますが、適度にお酒を飲むことは悪いことばかりではありません。「酒はダメなものだ!」と決めつける前に、お酒を飲むことのメリットも知っておきましょう。

コミュニケーションが円滑になる

 友達や同僚・上司などと一緒にお酒を飲むことで、円滑にコミュニケーションをとることが出来ます。

 働き始めると、飲み会に誘われることがあります。その飲み会で、普段あまり話さない上司と仲良くなれたりすることがあります。素面しらふではなかなか言えないことでも、お酒の力を借りて本音で話すこともできたりもします。

 他にも、酒の席で仕事の話がまとまる、といったこともよくあります。お酒をコミュニケーションのツールとして使っている社会人も少なくありません。

 もちろん、相手に迷惑をかけるほどお酒を飲みすぎてはいけません。記憶を飛ばすほど飲んで上司を困らせた、なんて話も聞きます。

ストレスを軽減する

 ストレスや不安解消のためにお酒を飲む人も多いです。実際、お酒を飲むことで緊張がほぐれ、ストレスが軽減します。

 しかし、嫌なことがあったからといって多量のお酒を飲むのはやめましょう。なぜならストレスの原因がなくなったわけではないからです。

 適度な飲酒で気分をスッキリさせる程度にしておきましょう。

食欲を増進させる

 お酒を飲むことで食欲が増した経験はありませんか?アルコールは、胃の働きを活発にし消化を促進させる効果があるので、飲酒することは食欲の増進につながります。

 実際ある研究でもお酒を飲むことで食事量が増えるという結果が出ています。

 コース料理の前などに食前酒が出てくるのも、食欲の増進が狙いだったりします。もちろん食べ過ぎてはいけませんが、お酒と一緒に食事を楽しむことが出来るのはとても魅力的ですよね。



飲酒のデメリット

 「酒は百薬の長」というのは本当なのでしょうか?無理な飲み方をすれば良くないのは簡単に想像できますよね。お酒を飲むことのデメリットについて解説していきます。

アルコール依存症になる可能性がある

 長期間にわたってアルコールを摂取していると、アルコール依存症になってしまうことがあります。多量に飲んでいなくてもなる可能性はあります。

 アルコール依存症になると、お酒にのめり込みます。アルコールがきれると動機やイライラ、手の震えなどが起こってしまいます。そのためお酒を飲まないといられない状態になります。

 結果的に人間関係や仕事など色々なものを失ってしまう場合があります。さらに一度アルコール依存症になると、1人で抜け出すのは非常に困難です。

肌に悪影響を与える

 実はお酒は肌にとっては天敵です。

 アルコールには脱水効果があるので、肌の水分を奪いツヤはハリを無くします。さらにビタミンAやビタミンCなどの肌に良い栄養素の吸収を妨げる効果もあります。これによりシミやしわの原因となります。

 お酒を日常的に飲む人は、飲まない人に比べて老けて見られてしまいます。水分をたくさんとって上手にお酒と付き合いましょう。

脳の機能を悪くする

 お酒を飲むことで脳に悪影響があるということが明らかになっています。

 飲酒することで、脳細胞が破壊されてしまったり、脳の密度が低くなってしまったりします。長期間の飲酒を続けることで、記憶力や判断力は低下していきます。

事件や事故につながる

 飲酒運転で人をはねてしまった、のようなお酒が絡んだ事件や事故のニュースをよく耳にします。事件ではないにしろ、お酒で失敗したことのある方も多いのではないでしょうか

 「気が付いたら道路で寝てた」「飲み会の後半の記憶がない」などの話はよく聞きます。この程度で済めばまだ良いですが、酔って事故を起こしたり、記憶がない間に事件に巻き込まれたりしたら取り返しがつきません。

 「酒は飲んでも飲まれるな」といわれるように、過度な飲酒はトラブルにつながってしまいます。飲みすぎないように注意してお酒を楽しみましょう。

さいごに

 今回は、お酒を飲むことのメリットとデメリットについて紹介しました。色々なメリットとデメリットがありました。知っているものもあれば知らなかったこともあるのではないでしょうか。

 ことわざの通り「酒は百薬の長」というのは大げさな気がします。1滴も飲むなとは言いませんが、浴びるほどのお酒を飲むのは危険です。適度な量を守ってお酒と上手に付き合っていくことは、あなたの人生を少しだけ楽しいものにするかもしれません。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、飲酒のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのか理解していただけたはずです。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました