【現代でも使える兵法書】孫子の兵法とは?ビジネスにもいかせる戦略や名言も紹介!

ビジネス力

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、孫子の兵法について解説していこうと思います。孫子の兵法は、昔から現在まで長く使われてきた最高の兵法書の1つです。

 兵法書とは、戦争においての用兵の技術・戦術を記した書物のことです。戦争で勝つための技術が書かれた戦術書ですね。

 『孫子の兵法』も元々は戦争で勝つための兵法を記したものでした。しかしその教えは、現在でもスポーツビジネスに活かすことが出来ます。

『孫子の兵法』とは

 『孫子の兵法』は、紀元前500年ごろ(約2500年前)の中国春秋時代に、軍事家である孫武によって記された兵法書です。

 当時の兵法書は『戦争に勝つ』という一点を突き詰めた戦略や考えを記した兵法書がほとんどでした。しかし、孫子の兵法は普通の兵法書と異なり、著者である孫武は単に「戦争に勝てればよい」とはしていません。それよりももっと広い視野で考えており、戦争は政治の一部であるとしていました。

 例えば、戦争に勝つために長期戦を仕掛け、莫大な費用をかけたとします。戦争に勝ったとしても、それによって国の経済が傾いてしまうのであれば、それは本当に「勝利」と言えるのでしょうか?

 孫子の兵法によると、最善は「戦わずして勝つこと」であり、戦うとしても短期決戦で勝つことが重要であるとしています。「戦わずして勝つ」とは、戦争をする前に政治や外交の駆け引きなどで勝つということです。

 さらに、絶対に勝てる場合にしか兵を動かすべきではない、ともしています。勝率が五分五分どころか、絶対に勝てる確証があるときに、兵を動かすように説いています。

 このような広い視点での分析を一般人にも理解できるように記していることが、現在でも経営戦略やリーダーシップなどに活かされている要因であると言えるでしょう。



『孫子の兵法』の戦略について

 戦争で「戦わずして勝つ」「戦う場合は短期で絶対に勝つ」ために、孫子の兵法では5つの事柄を考慮し、7つの要因を敵と比較することが重要です。それをもとにして、戦う前に勝敗を予測するべきであると説いています。

最初に考慮する5つの要素

  • ・・・人々とリーダーがお互いに理解しあい、協力しあえるような政治状態であるか。
  • ・・・時期や天候が戦争をするのに適しているか。
  • ・・・地形が戦争をするのに適しているか。
  • ・・・将軍の力量はどうであるか。
  • ・・・軍隊の規則や制度は定まっているか。

敵と比較するべき7つの要素

  1. どちらの君主の方が人々の心を掌握しているか。
  2. どちらの将軍が優れているか。
  3. 天・地はどちらに有利となっているか。
  4. 規則や制度はどちらの方が定まっているか。
  5. 軍の士気が高いのはどちらか。
  6. より訓練をしているのはどちらの兵か。
  7. 信賞必罰が守られているのはどちらか。

『孫子の兵法』の名言

 孫子の兵法には有名な名言がいくつもありますが、今回はその中でも有名なものをいくつか紹介していきます。どれも現在の生活に活かせるものです。

知己知彼、百戦不殆

 「彼を知り己を知れば、百戦殆うからず」と読みます。聞いたことのある人ももしかしたら多いのではないでしょうか。

 相手と自分のことを深く理解することが出来れば、何回戦っても負けることはない、という意味です。自分の実力を知っておくことは大切ですが、勝つためには戦う相手のこともよく知っている必要があります。

兵者詭道也

 「兵は詭道なり」と読みます。戦いとは騙しあい・欺きあいである、という意味です。

 戦争を有利に進めるためには、単純に軍隊を強くすればよいというわけではありません。相手を上手く欺くことが出来れば、戦争を有利に進めることにつながります。

不戦而屈人之兵、善之善者也

「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり」と読みます。元の文はさらに長く、「百戦百勝は善の善なるものにあらざるなり。 戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。」と記されています。

 要するに、100回戦って100回勝つことよりも、戦わずして勝つことの方が上であるということです。孫子の兵法では、「戦わずして」という言葉がよく出てきます。無駄な被害をいかに減らして決着をつけるかが重要です。

さいごに

 今回は、中国戦国時代に孫武によって記された兵法書である『孫子の兵法』について解説しました。孫子の兵法は、昔から現在まで多くの経営者や指導者に参考にされています。

 歴史や兵法に興味がない人であっても、『孫子の兵法』の教えはスポーツや経営に役立てることが出来ます。この記事で興味が湧いた方は、是非一度読んでみて下さい。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、『孫子の兵法』について理解していただけたはずです。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました