【指導術】上手に部下を𠮟る方法とは?正しく叱ってやる気を出させる!

経営学

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、部下を叱る上手な方法や叱るときに注意するべきことについて解説していきます。

 仕事をする上で、上司が部下を叱るというのはよくあることです。部下がミスをしてしまったときや不適切な行動をとってしまったときは、きちんと叱ることで、再発を防いだり仕事への態度を見直すきっかけになります。

 部下と向き合い正しく指導する能力は、良い上司が身につけているべきものだと言えます。しかし、不適切な叱り方をしてしまうと、逆に部下のモチベーションを下げってしまったり、パワハラだと受け取られてしまう可能性があります。

 この記事は、部下への叱り方に悩んでいる人や、部下の能力を高める効果的な叱り方がわからないという人に是非読んでいただきたいです。

上手な叱り方とは?

 まずは「怒る」と「叱る」の違いを明確に知っておく必要があります。「怒る」とは、相手の態度・行動に対してムカつき相手を責めることです。それに対して「叱る」とは、相手に反省を促し改善してもらうためにするものです。

 「叱る」ということは、自分ではなく相手のためにするものだということを意識しておきましょう。その上で正しい順序で叱ることが出来れば、相手のやる気を下げることなく反省してもらうことが出来ます。

〈順序①〉事実確認をしっかり

 叱るべきことがあなたの耳に入った時は、まずその内容が事実であるのかをよく確認しましょう。誰かが流したガセの話や、ただのうわさ話である可能性もあります。もし事実でないのに叱ってしまうと、間違いなく相手からの信頼を失ってしまいます。

〈順序②〉ミスの原因を明確にする

 内容が事実だとわかったら、そのミスの原因を明確にしましょう。その「ミスがなぜ起こってしまったのか」を尋ねましょう。この際、相手がミスしたことを責めてしまわないように気をつけましょう。相手を委縮させることが目的ではありません。大きなミスを叱る場合でも、感情的にならず冷静な会話を心掛けて下さい。

〈順序③〉改善案を考えさせる

 いきなりあなたが改善策を提案して、行動を指示するのではなく、まずはミスした本人に改善案を考えさせましょう。本人が考えることによって、ミスを客観的に見つめなおし、ミスの再発を防止することにつながります。

〈順序④〉それを実行に移させる

 改善案を考えさせたら、「次から気をつけなさい」といって終わらせてはいけません。改善案を実行に移させて、ミスの再発を完全に防止するように意識させましょう。



叱るときの注意点

 叱るときの正しい順序とともに、部下を叱るときの注意点も覚えておきましょう。注意点を知っておかないと、パワハラだと受け取られてしまったり、ミス改善するどころかモチベーションの低下につながってしまうかもしれません。

感情的にならない

 叱るときに、いくらあなたが腹が立っていたとしても、感情に任せてはいけません。あなたのストレスを発散するためではなく、相手に反省させ成長を促すために叱るのだということを意識して叱りましょう。

 感情的に叱ってしまうと、相手は委縮してしまいます。それでは良い叱り方にはなりません。部下のミスに対して冷静に話すようにしましょう。

人前で叱らない

 部下とはいえど相手は人間です。周りに人がいるところで叱ってしまうと、相手は恥をかかされたと思ってしまうこともありますし、モチベーションの低下にもつながってしまいます。

短時間で終わらせる

 部下を叱るときに、ダラダラと続けるのは良い叱り方とは言えません。叱る内容・原因・改善方法を端的に相手に伝え、スパッと終わらせることが重要です。そうすることで相手にもわかりやすく伝わりますし、不満を抱かせることもなくなります。

面と向かって叱る

 部下を叱るときに、人づてにしたり、部下の同僚などに愚痴のような形で伝えてしまうと、本人からすると悪口のようにとられてしまうことがあります。本人に直接面と向かって言うことで、意図が正しく伝わります。

傷つくようなことは言わない

 部下がミスをして叱るときに、「育ちが悪い」「使えない」「ばか」などの言葉をぶつける人がいますが、これは絶対にやってはいけません。ミスしたことについてのみ冷静に指導することがとても重要で、本人自体を否定するような言葉を使うのはやめましょう。

さいごに

 今回は、部下を叱るときの正しいやり方と叱るときの注意点について解説しました。今回紹介したところをおさえて部下を叱ることが出来れば、モチベーションを下がらせることなく反省を促すことが出来ます。

 あなたが上の立場についたとき、部下のミスを叱ることは絶対に避けては通れません。部下のミスを叱るときにこそ、あなたの上司としての実力が試されるでしょう。上手に叱ってミスの再発を防ぐことで、チーム全体としての生産性もアップしていきます。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、部下の上手な叱り方を理解されたと思います。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました