【意外と知らない和製英語】「ホチキス」は海外では通じない!?正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~ホチキス~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「ホチキス」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「ホチキス」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

「ホチキス」は和製英語

 日本では当たり前にホチキスと呼ばれていますが、実は和製英語です。海外で「ホチキス」と言っても意味をわかってくれる人はおそらくいないでしょう。

 もちろん海外でもホチキスはあるのですが、呼び方は全く異なります。

 では「ホチキス」は英語では何と言うのでしょうか?



「ホチキス」は英語で何て言う?

 「ホチキス」は英語で “stapler” と言います。また “staple”「(名) ホチキスの針/(動) ホチキスでとめる」という意味があります。単語も短いので是非覚えておきましょう。

 それでは具体的な使い方を例文で見ていきましょう。

 Can I use this stapler?(このホチキスを使ってもいいですか?)

 Please staple these materials.(この資料をホチキスでとめてください。)

 Do you have a stapler?(ホチキスを持っていますか?)

 Do you have the staples?(ホチキスの針を持っていますか?)

 Who stapled the newspaper?(新聞をホチキスでとめたのは誰ですか?)

 It’s not safe to put staples on the floor.(ホチキスの針を床に置いたら危ないよ。)

「ホチキス」の由来って何?

 日本でよく使われている「ホチキス」という言い方は実は商品名です。日本でもホチキスの正式名称は「ステープラー」と呼ぶこともあるらしいです。

 最初にステープラーをアメリカのホチキス社から輸入したことが由来とされています。

さいごに

 今回は和製英語「ホチキス」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう



タイトルとURLをコピーしました