【意外と知らない和製英語】「ワイシャツ」は海外では通じない!?正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~ワイシャツ~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「ワイシャツ」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「ワイシャツ」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

「ワイシャツ」の由来って何?

 そもそも日本で「ワイシャツ」と呼ばれているのは Y字のシャツだからではありません。ワイシャツは “white shirt” が由来となっています。日本人が “white” と聞いたときに「ワイ」と聞こえてしまったともいわれています。



「ワイシャツ」は和製英語

  日本では当たり前に使われている「ワイシャツ」ですが、実は和製英語です。英語のネイティブスピーカーに “Y-shirt” と言うと誤解されます。

 そもそもの由来である “white shirt” という意味で伝わったとしても「白いTシャツ」だと勘違いされてしまうでしょう。

 では英語でワイシャツはどのように言えばよいのでしょう。

「ワイシャツ」は英語で何て言う?

 ワイシャツは英語で “dress shirt” または “shirt” と言います。ちなみにTシャツは和製英語ではないのでそのまま “T-shirt” と言えば伝わります。

 それでは具体的な使い方を例文で見ていきましょう。

 Rio has all kinds of shirts.(リオは色んな種類のワイシャツを持っています。)

 I spilled soy sauce on my shirt.(私はワイシャツに醤油をこぼしてしまった。)

 Where is the dress shirt department?(ワイシャツ売り場はどこですか?)

 I bought three dress shirts.(私はワイシャツを3枚買いました。)

 That shirt looks cool.(そのワイシャツかっこいいね。)

さいごに

 今回は和製英語「ワイシャツ」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう。



タイトルとURLをコピーしました