【意外と知らない和製英語】「ペットボトル」は海外では通じない!?正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~ペットボトル~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「ペットボトル」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「ペットボトル」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

「ペットボトル」は和製英語

 日本では当たり前に使われている「ペットボトル」ですが、実は和製英語です。英語のネイティブスピーカーに “PET bottle” と言うとほぼほぼ勘違いされます。

 ”PET” 厳密には専門用語的に使われることもあるみたいですが、その場合は「ピーエーティー」と読みますしどちらにしろ一般的には使われていないので、伝わる人はごく少数です。

 英語の “pet” には「お気に入りの/かわいがる」という意味があるので “PET bottle” というと「お気に入りのボトル」もしくは「ボトルをかわいがって。」なんて思われてしまうかも!全く意味が分かりませんね。

 では「ペットボトル」は英語で何と言うのでしょうか?



「ペットボトル」は英語で何て言う?

 「ペットボトル」は英語で “plastic bottle” と言います。「プラスチック」という単語は日本でも普通に使われているので簡単に覚えられると思います。

 ”plastic bottle” の具体的な使い方を例文で見ていきましょう。

 Can you open this plastic bottle?(このペットボトルを開けてくれませんか?)

 Please bring an empty plastic bottle.(空のペットボトルを持ってきてください。)

 Do not throw away these PET bottles.(これらのペットボトルは捨てないで。)

 Please fill the PET bottle with water.(ペットボトルに水を入れてください。)

 I want to make a boat out of plastic bottles.(ペットボトルで船を作りたい。)

「ペットボトル」の由来って何?

 ペットボトルの由来は、材料である “polyethylene terephthalate (ポリエチレンテレフタラート)” を略して PET ということからきています。

さいごに

 今回は和製英語「ペットボトル」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう。



タイトルとURLをコピーしました