【意外と知らない和製英語】「ノートパソコン」は海外では通じない!?正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~ノートパソコン~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「ノートパソコン」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「ノートパソコン」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

「ノートパソコン」は和製英語

 日本では当たり前に使われている「ノートパソコン」ですが実は和製英語です。英語のネイティブスピーカーに “note PC” なんて言っても全く伝わりません。

 ”note” という単語は、「書き留める・~に注意する」という意味があるので “note PC” と言ってしまうと『PCを書き留めろ』や『PCに注意しろ』なんて意味で伝わってしまうかもしれません。

 では、「ノートパソコン」は英語でどのように言うのでしょうか?



「ノートパソコン」は英語で何て言う?

 「ノートパソコン」は “laptop (PC)” というように表します。日本ではあまりなじみのない言い方ですね。ちなみにデスクトップパソコンは英語でもそのまま “desktop PC” と言えば大丈夫です。

 ”laptop PC” の実際の使い方を例文で見ていきましょう。

 Do you have a laptop?(あなたはノートパソコンを持っていますか?)

 I bought a laptop PC yesterday.(私は昨日ノートパソコンを買いました。)

 My laptop was destroyed by someone.(私のノートパソコンは誰かに壊された。)

 Kyoko didn’t destroy your laptop.(キョウコはあなたのノートパソコンを壊していませんよ。)

 Do you want a laptop or a desktop computer?(ノートパソコンとデスクトップのどちらが欲しいですか?)

「ノートパソコン」の由来って何?

 日本で「ノートパソコン」と呼ばれるようになった由来は、ノートブックのように開いたり閉じたりが出来るということです。ちなみに “laptop” は “lap(膝)” の上にのせて使うことができる、というところからきているみたいです。

さいごに

 今回は和製英語「ノートパソコン」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう。



タイトルとURLをコピーしました