【意外と知らない和製英語】「サイン」は海外では通じない!?正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~サイン~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「サイン」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「サイン」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

 

「サイン」は和製英語

 日本では「芸能人のサイン欲しい」とか「ここにサインをお願いします」のように当たり前に使われています。なんとなく英語でもそのまま “sign” と言えば伝わりそうな気がしませんか?

 しかし英語では、”sign” と言うと「象徴、合図、看板」のように全く関係ない意味をイメージします。日本で使われる意味の「サイン」は英語にすると全く異なる言い方になるので、間違えて使ってしまわないように気をつけましょう。

 では「サイン」は英語で何と言うのでしょうか?



「サイン」は英語で何て言う?

 署名のような意味で使われる「(名) サイン」は “signature”、「(動) 署名をする」は実はそのまま “sign” と言います。ここまでは日本語とも似ているので覚えやすいですよね。

 覚えづらいのは「芸能人のサイン」のような使い方をする時です。有名人のサインは “autograph” というように表されます。

 Could you sign this?(これに署名お願いします。)

 Please sign your name here.(ここにお名前をサインしてください。)

 Could you put your signature on this document?(この書類にサインをお願いします。)

 Is a signature necessary?(サインは必要ですか?)

 He is often asked for his autograph.(彼はよくサインを求められる。)

 May I have your autograph?(サインしてもらえませんか?)

 

「サイン」の由来って何?

 「サイン」はそのまま “sign” が由来となっています。 英語では “signature” や “autograph” と分けられて使われますが、日本語では全てまとめて「サイン」と呼ばれます。

 

さいごに

 今回は和製英語「サイン」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう

おすすめオンライン英会話

 私がおすすめするオンライン英会話は毎日受講可能なオンライン英語塾 ezoです。3つの理由からおすすめさせていただきたいです。

  • 月9,980円で文法レッスンとグループレッスンが受け放題
  • 教材は無料で、レッスン単価最安147円
  • TOEIC英検の対策が可能

 英語の勉強を始めたい方はもちろん、仕事などで英語が必要になった方やTOEIC・英検対策がしたい人にもおすすめです。グループレッスンは最大2人なので、効率的に英語を伸ばせます。

 今なら無料で体験レッスンができるので、少しでも気になる方は是非試してみて下さい!



タイトルとURLをコピーしました