【意外と知らない和製英語】「カンニング」は海外では通じない!?正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~カンニング~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「カンニング」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「カンニング」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

「カンニング」は和製英語

 日本では当たり前にカンニングと呼ばれていますが、実は和製英語です。海外で「カンニング」と言っても正しく伝わる人はほとんどいないでしょう。

 日本では「カンニング」といえば、テスト中にメモや他人の答案を盗み見る不正行為を意味しますが、英語で “cunning” というと「(形) 狡猾な/ (名) 狡猾さ」という意味を表します。

 日本語と英語の意味が異なるので注意しましょう。ではカンニングは英語で何と言うのでしょうか?



「カンニング」は英語で何て言う?

 カンニングは英語で “cheating” と言います。“cheat”「(動) カンニングする/ だます」という意味を表します。

 では実際の使い方を例文で見ていきましょう。

 Don’t cheat in an exam.(試験ではカンニングしてはいけません。)

 Kazuma cheated on the test.(カズマはテストでカンニングしていた。)

 I saw her cheating.(私は彼女がカンニングしているのを見た。)

 If you cheat on an exam, you will be expelled.(もし試験でカンニングをしたら、退学です。)

 Ray prepared a cheat sheet to pass the exam.(レイは試験に受かるためにカンニングペーパーを用意した。)

「カンニング」の由来って何?

 カンニングと呼ばれるようになったのは、明治時代に学生たちがテスト中の不正行為を隠語で「カンニング」といっていたのが始まりと言われています。

さいごに

 今回は和製英語「カンニング」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう



タイトルとURLをコピーしました