【意外と知らない和製英語】「パーカー」は海外では通じない!正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~パーカー~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「パーカー」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「パーカー」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

「パーカー」は和製英語

 パーカーも “parker” で伝わりそうですが実はこれも和製英語の1つです。

 英語圏で “parker” と言えばたいていの人は人名を思い浮かべます。有名なので言うと「スポいだーマン」の主人公ですね。”I like a parker.” なんて言うと「私は知り合いのパーカーさんが好きです。」と勘違いされてしまうかもしれませんね。

 では「パーカー」は英語で何と言うのでしょうか?



「パーカー」は英語で何て言う?

 「パーカー」は英語では “hoody/ hoodie” と言います。最近は日本でも一部のファッション誌などでは「フーディ」と言っているものも見かけますが、まだまだ一般的には「パーカー」と呼ばれていますね。

 では実際の使い方を例文で見ていきましょう。

 I bought a new hoody yesterday.(昨日新しいパーカーを買いました。)

 The girl in the red hoodie is my sister.(赤いパーカーを着ている女の子は私の妹です。)

 This hoodie is not currently available.(このパーカーは現在販売されていません。)

 Please take off your hoody.(パーカーは脱いでください。)

 Did you wear a hoodie yesterday?(あなたは昨日パーカーを着ていましたか?)

 I have four hoodies.(私はパーカーを4着持っています。)

「パーカー」の由来って何?

 「パーカー」はアラスカのイヌイット族が着ていた防寒着 “parka” が由来と言われています。イヌイット族は極寒でも生活できるようにアザラシやトナカイの毛皮で作った防寒具を着ており、それが “parka” と呼ばれていました。

さいごに

 今回は和製英語「パーカー」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう。

おすすめ英会話サービス

 私が今回おすすめする英会話サービスは【ワンコイングリッシュ】 です。

 こちらのサービスはこんな方におすすめです。

海外ドラマを字幕なしで見たい

・海外旅行を趣味にしたい

・世界中に友達を作りたい

 受験やテストの文法力よりも、より実践的な英文法を学びたい方にはとてもぴったりなサービスです。

 名前の通り1レッスン500円から受けることが可能です。しかも今なら、Web申し込みすれば無料レッスンを受けることができます。



タイトルとURLをコピーしました