【意外と知らない和製英語】「スマート」は海外では通じない!正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~スマート~について紹介していこうと思います。日本では「細い」という意味で使われていますね。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「スマート」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「スマート」と言っても誤解されて伝わってしまうので気をつけましょう。

「スマート」は和製英語

 日本でも当たり前に浸透している「スマート」ですが実は和製英語です。

 “smart” という英語はあるのですが、日本語のように「細い」という意味では使われません。英語で “smart” というと「賢い、きちんとした」という意味になります。

 ですので “She is smart.” というと「彼女は細身だ」という意味ではなく、「彼女は賢い」という意味になります。

 英語の “smart” には「細い」という意味はないので気をつけましょう。では「スマート、細い」は英語で何と言うのでしょうか?



「スマート」は英語で何て言う?

 「スマート、細い」をあらわす英語は主に2種類あります。

 「スマート、細い」は英語で “slim” または “slender” とあらわされます。

 “slim”“slender” はほとんど同じ意味で使われるのですが、ニュアンスに若干の違いはあります。“slim”「スタイルが良く美しく痩せている」というイメージで、“slender”「細長くてすらりとしている」というイメージです。

 日本語でも「スリム・スレンダー」というように使われているので、比較的覚えやすいかもしれません。

 それでは具体的な使い方を例文で見ていきましょう。

 She tries hard to stay slim.(彼女はスリムな体系を維持するために努力している。)

 I’m on a diet to get slim.(スマートになるためにダイエットをしています。)

 My sister has a very slim waist.(私の姉はとてもウエストが細い。)

 Who is the slender girl who talks with James?(ジェームズと話しているすらりとした女の子は誰ですか?)

 My girlfriend has slender legs.(僕の彼女の脚はすらりとしている。)

 He’s taller and slenderer than me.(彼は私よりも背が高くてスレンダーだ。)

「スマート」の由来って何?

 ”smart” は「きちんとした」という意味があるのですが、日本で使われるうちに「細い」という意味にとられるようになったのではないかと言われています。

さいごに

 今回は和製英語「スマート」の英語や使い方について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう。

おすすめオンライン英会話

 今回私がおすすめオンライン英会話サービスはスタディサプリENGLISH 新日常英会話セットプラン です。

 「新日常英会話セットプラン」では、それぞれのスタイルに合わせて楽しみながら日常英会話を学ぶことができるオンラインサービスです。このサービスのおすすめポイントは主に3つあります。

  • 1回最短3分からスキマ時間で学習できる
  • スマホ・PCのみで本格的なレッスンを受けれる
  • 超実践的なフレーズが多数収録

 受験やTOEIC対策ではなく、実戦で使えるような日常会話を学びたい方にとてもおすすめのサービスです。英会話レッスンの他にも「とっさの一言フレーズ」や「海外旅行などで使えるキーフレーズ」なども魅力的です。

 全ての機能が7日間無料で使えるので、気になる方は是非試してみて下さい!



タイトルとURLをコピーしました