【意外と知らない和製英語】「シュークリーム」は海外では通じない!正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~シュークリーム~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「シュークリーム」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「シュークリーム」と言っても誰も理解してはくれないので注意しましょう。

「シュークリーム」は和製英語

 「シュークリーム」は一見すると英語圏でも伝わりそうですが、実は完全な和製英語です。

 ”shoe cream” という英単語はありますが、意味は全く異なります。画像検索するとすぐにわかりますが “shoe cream” は「靴用クリーム」を意味します。

 ですから、”I wan to eat a shoe cream.” というと「靴用クリーム食べたいヤバいやつ」かと勘違いされてしまいますので気をつけましょう!

 では「シュークリーム」は英語で何と言うのでしょうか?



「シュークリーム」は英語で何て言う?

 「シュークリーム」は英語で “cream puff” と言います。

 Where are the cream puffs from?(シュークリームはどこの国のものですか?)

 My mother can make cream puffs.(私の母はシュークリームを作ることができます。)

 I don’t like cream puffs very much.(私はシュークリームがあまり好きではない。)

 Who ate my cream puffs?(私のシュークリームを食べたのは誰ですか?)

 There are six cream puffs in that refrigerator.(その冷蔵庫の中にはシュークリームが6つ入っています。)

「シュークリーム」の由来って何?

 「シュークリーム」はフランス語の “chou à la crème (シュー・ア・ラ・クレーム)” が由来となっています。ちなみに直訳すると『クリーム入りのキャベツ』という意味です。

さいごに

 今回は和製英語「シュークリーム」の英語や由来について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう。

おすすめのオンライン英会話教材!

 今回私がおすすめする英会話教材は30日間英語脳育成プログラムです。

  • 真剣に英会話を上達させたい人
  • 効率よく短期間で英会話を学びたい人
  • 聴く・話す能力を伸ばしたい人

 ↑こんな人たちにおススメです!

 30日間英語脳育成プログラムとは、スマホやパソコンから1日15分~1時間英会話を聞くだけで自分の英語能力を高める事が出来るオンライン英会話教材です。英語レベルチェックがあるから、自分のレベルにあった教材を選べます。

 学習者が効率よく確実に英語が身につくように、世界の言語学者たちが開発した教材です。35,000人以上が効果を実感した教材なので、安心してお使いいただけます。

 気になる方は是非!



タイトルとURLをコピーしました