【意外と知らない和製英語】「アンケート」は海外では通じない!正しい言い方とは?

和製英語

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、知っていると面白い和製英語~アンケート~について紹介していこうと思います。

 皆さんは、和製英語という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、和製英語とは「日本人が作った英語っぽい言葉」です。和製英語のほとんどは、ネイティブの人たちには理解されなかったり、誤解されたりします。

 和製英語だと知らずに使っていると恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないので是非知っておいてもらいたいです。気づいていないだけで英語だと思っている単語も実は和製英語かもしれませんね。

 今回紹介する「アンケート」も実は和製英語です!意外と知らなかった人もいるのではないでしょうか?海外で「アンケート」と言っても誤解されて伝わってしまうので気をつけましょう。

「アンケート」は和製英語

 日本でも当たり前に浸透している「アンケート」ですが実は和製英語です。

 英語圏の方に「アンケート」と言っても全く理解されませんので気をつけて下さい。

 では「アンケート」は英語で何と言うのでしょうか?



「アンケート」は英語で何て言う?

 「アンケート」の英語での言い方は主に2種類あります。

 「質問票、アンケート用紙」“questionnaire” と言い、「(比較的大規模な)調査」のことは “survey” と言うのが一般的です。

 若干ニュアンスに違いはありますが、この違いを区別して使えれば一気に英語のレベルが高くなります。それでは具体的な使い方を例文で見ていきましょう。

 Fill out a questionnaire about your eating habits.(あなたの食生活に関してのアンケートに記入してください。)

 We will collect the questionnaires in a few minutes.(あと数分でアンケート用紙を回収します。)

 Please see the questionnaire I distributed.(配布したアンケート用紙を見てください。)

 A recent survey shows that most people don’t get enough exercise.(最近の調査では、ほとんどの人が運動不足だ。)

 Not everyone will respond to a street survey.(街頭アンケートは皆が答えてくれるわけではありません。)

 A survey of 1,000 soccer players was conducted.(1000人のサッカー選手を対象にアンケートを行いました。)

「アンケート」の由来って何?

 「アンケート」はフランス語の “enquête” が由来となっている外来語です。フランス語では “enquête” は日本の意味と変わらず「世論調査、アンケート」という意味で使われています。

さいごに

 今回は和製英語「アンケート」の英語や使い方について紹介しました。日本人が作ってきた紛らわしい和製英語はまだまだたくさんあります。英語を学ぶ皆さんは、和製英語に惑わされて間違えて覚えないように気をつけましょう。

おすすめオンライン英会話

 今回私がおすすめするオンライン英会話はレアジョブ英会話です。

 この「レアジョブ英会話」では効率的効果的なサイクルによって、英語勉強者の能力の向上をうながすサービスです。このサービスをおすすめする主な理由としては以下の3つがあります。

  • 1レッスン173円~から始められる
  • 英語教授法「TOSEL」に基づいた指導を受けた6,000人の講師
  • 効率の良い予習・復習のサービス

 さらに自分のスピーキング能力をはかるためのスピーキングテストを受ける事が出来るので、自分の実力にあったレベルとスピードで指導を受ける事が出来ます。

 現在、無料会員登録をすることで、2回の無料レッスン日本人カウンセラーに学習相談をすることが出来るので、自分の英語力を向上させたい方は是非チェックしてみて下さい!



タイトルとURLをコピーしました