【古代ギリシャの哲学】プラトンの思想をわかりやすく解説!イデアとは?

哲学

 こんにちは、レッド副店長です。

 今回は、古代ギリシャの哲学者であるプラトンの思想をわかりやすく解説していきます。また、プラトンの名言もいくつか紹介しているので、気に入ったものがあれば是非あなたの人生の参考にしてみて下さい。

 プラトンという名前は、哲学をあまり詳しく知らない人でも一度は耳にしたことがあるのはないでしょうか。師匠のソクラテス、弟子のアリストテレスと並び、哲学史においてとても重要な人物の1人です。

 プラトンの思想を学ぶことは、哲学を学ぶ上で避けては通れないものです。哲学らしく概念的な考えに触れるため、最初はピンとこないかもしれませんが、ざっくりと理解できれば十分です。

プラトンってどんな人?

 プラトンは、古代ギリシャの哲学者の1人です。紀元前427年にアテナイの名家に生まれ、紀元前347年に81歳で亡くなりました。師にソクラテス、弟子にアリストテレスがいます。

 自身の著書を一切残さないソクラテスに代わり、弟子のプラトンがソクラテスを主人公にした対話篇を数多く残しました。有名なものとして、『ソクラテスの弁明』や『国家論』などがあります。

 当初は政治家を目指していましたが、師であるソクラテスが刑死したことをきっかけに、哲学の道に進むことを決めます。ソクラテスの死刑の余波で、国外への逃亡を余儀なくされますが、アテナイに帰国した後、アカデメイアという学園を創設しました。

 プラトンの思想の中核にあるのはイデア論というもので、これを通じて様々なものの本質を追求しました。

「イデア論」とは

 イデア論は、プラトンの思想の中心となっている考え方です。

 我々の天上には”理想の世界”があり、私たちが生きているこの実世界はその”理想の世界”の影(仮の世界)にすぎず不完全なものである、という考え方です。

 例えば、この世にある「美」について考えると、「美しい人」「美しい夕焼け」「美しいバラ」など様々な美しいものがあります。しかしその「美しさ」には違いがあります。「人」「夕焼け」「バラ」では美しさが異なるのに、なぜ同様に「美しい」と呼ばれているのでしょうか。

 イデア論によると、天井にある理想の世界には、「絶対的で純粋な美」という概念が存在しており、それが「美のイデア」と呼ばれるものです。実世界にある美しいものは、この「美のイデア」の影にすぎません。

 他にも、「小のイデア」や「熱さのイデア」など、実世界では不完全なものも同様にあります。そして、全てのイデアの頂点にあるのが、「善のイデア」だというのがプラトンの考えです。

 イデア論をより分かりやすく理解するために用いられるのが、洞窟の比喩です。



洞窟の比喩とは

 洞窟に住んでいる人たちがいます。彼らは子供のころから縛られており、洞窟の壁しか見ることが出来ません。

 住人たちのはるか後ろでは火が燃えており、住人たちの目の前の壁には影絵が写し出されています。洞窟の壁にうつる影絵を実物だと思ってしまいます。

 感覚で認識していると、この洞窟の住人と同じになってしまいます。知性を使った思考によって、影絵ではない実物(イデア)を知ることが大事である、というのがプラトンの考えです。

プラトンの名言

プラトン
プラトン

自分に打ち勝つことが、最も偉大な勝利である。

プラトン
プラトン

この世界には、三種類の人間がいる。知恵を愛する者、名誉を愛する者、そして知恵を愛する者である

プラトン
プラトン

賢者は、話すべきことがあるから口を開く。
愚者は、話さずにはいられないから口を開く。

プラトン
プラトン

はじまりは労働の最も重要な部分である。

プラトン
プラトン

戦争の終わりを見た者は、死者だけである。

プラトン
プラトン

少年を暴力と厳しさによって教え込もうとするな。彼の興味を利用して指導せよ。そうすれば自分の能力がどこに向いているか、少年自身で見出しやすくなる。

プラトン
プラトン

無学とは、あらゆる諸悪の根源である。

プラトン
プラトン

愛に触れると、誰もが詩人になる。

プラトン
プラトン

驚きは、知ることの始まりである。

プラトン
プラトン

優しくあれ。

人は誰しもみな、戦っているのだから。

さいごに

 今回は、古代ギリシャの哲学者であるプルトンの思想であるイデア論の解説をしました。プルトンは哲学を学ぶ上でかかせない人物です。イデア論は少しややこしいのでストンとすぐには理解できないかもしれませんが、ザックリとはおさえておきましょう。

 哲学は、すべてを完璧に理解して覚える必要はないです。何が面白いか・どの考え方がビビットくるかは、人によって異なります。知見を広げることのほかに、考えを持つ・考えるクセをつけることがとても重要です。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。ここまで読んでいただいたあなたは、プラトンがどんな人か、プラトンの思想とはどんなものなのかを理解していただけたはずです。人間力を高め自分を磨きたいと思っているあなた、是非わたしのブログと一緒に成長していきましょう。



タイトルとURLをコピーしました