【劇作家】シェイクスピアってどんな人?生涯や成功哲学・名言などについて!

メンタルセット

 こんにちは、レッド社長です。

 世界文学の巨星、ウィリアム・シェイクスピア。16世紀から17世紀にかけて活動し、多くの劇作品を残したこの偉大な劇作家は、400年以上の時を超えて今なお人々に深い感動を与え、思考を刺激します。

 その作品は様々なテーマを扱い、愛、憎しみ、野望、裏切り、死といった普遍的な人間の感情を鮮やかに描き出すことで知られています。しかし、シェイクスピア自身については、その生涯や人間性、思想などが作品の背後に隠され、多くの謎に包まれています。

 今回は、この不朽の劇作家、シェイクスピアについて、彼の生涯、逸話、哲学、そして名言を通じて深く掘り下げてみましょう。

シェイクスピアの生涯

 ウィリアム・シェイクスピアは、1564年にイギリスのストラトフォード=アポン=エイヴォンで生まれました。8人兄弟のうちの第三子で、両親は裕福な地主と商人でした。

 その裕福な環境により、シェイクスピアは文学に興味を持つ余裕があり、彼の作品には広範囲にわたる知識と洞察が示されています。

 1582年に18歳で結婚し、アン・ハサウェイとの間に3人の子供をもうけました。しかし、結婚後しばらくしてからロンドンへ移住し、そこで彼は劇作家として名を馳せるようになります。

 その間に、彼は『ハムレット』『マクベス』『オセロ』など、今日でも名高い悲劇を含む38の戯曲を生み出しました。

 シェイクスピアは生涯の大部分をロンドンで過ごしたが、1613年にストラトフォード=アポン=エイヴォンへ戻り、その地で1616年に52歳で亡くなりました。

 その死後もなお、彼の作品は世界中で愛され続けています。シェイクスピアの人生は、多くの作品を通じて私たちに残された価値ある遺産そのものと言えるでしょう。

シェイクスピアの作品

 シェイクスピアの作品は、その広範で深い洞察力から、「全人類の百科事典」とも評されています。彼は38の戯曲をはじめ、154のソネットや長詩を著しています。

 彼の作品群は、歴史劇、喜劇、悲劇の三つに大別されます。

 代表的な歴史劇としては、「ヘンリー四世」や「リチャード三世」があり、これらは英国の歴史を描いた作品です。

 喜劇では、「夏の夜の夢」や「ヴェニスの商人」などが有名で、ここにはシェイクスピア特有の機知と風刺が散りばめられています。

 しかし、彼が最も評価されるのはその悲劇で、ここには人間の深淵を描き出す力が詰まっています。「ハムレット」は復讐の連鎖と孤独を、「オセロ」は嫉妬と疑念を、「マクベス」は野望と罪悪感を、といったように、普遍的なテーマを描きつつ、その中に生きる人間の心情を深く掘り下げています。

 これらの作品は、それぞれが人間の心の奥深くに迫る問いを投げかけるもので、その鋭さと深さは今なお色褪せることがありません。



シェイクスピアの成功哲学

 シェイクスピアの成功哲学は、彼の多くの作品や名言から読み取ることができます。

 彼は劇作家としてだけでなく、俳優としても成功を収めましたが、その成功は偶然や運だけでなく、彼の持っていた独特の視点や思考法から生まれたものでしょう。

 シェイクスピアの哲学は「全ての人間は舞台の役者である」という考え方を象徴しています。人生とは一つの劇であり、我々はその中で様々な役割を果たすという見方です。これは自身の運命を自らの手で握るべきであり、どのような状況であっても可能性を見つけ出し、自己を最大限に発揮すべきというメッセージを含んでいます。

 また、「過去に囚われず、未来に向かって前進すべし」という強いメッセージもシェイクスピアの哲学の一部でしょう。多くの作品で示されるこのメッセージは、失敗や困難から学びつつも、それにとらわれずに新たな道を切り開く大切さを説いています。

 さらに、「自分自身であること」の重要性もシェイクスピアの教えの一つです。「自分自身になりなさい、それが偽物である全ての人々からあなたを切り離すだろう」という有名なフレーズからは、他人の期待や社会の価値観に左右されず、自分自身の本心に従うことの重要性を感じ取ることができます。

  これらの哲学は、シェイクスピアが生き抜いた時代だけでなく、現代の我々にも大いに役立つものでしょう。

シェイクスピアの名言

 シェイクスピアの名言はその洞察力、深遠な思索、そして人間の本質を見つめる視点から多くの人々に引き続き影響を与えています。ここでは彼の数多くの名言の中から、特に印象的ないくつかを紹介します。

シェイクスピア
シェイクスピア

全世界が舞台、男女は全てただの役者に過ぎない。(「お気に召すまま」より)

 これはシェイクスピアのもっとも有名な名言の一つで、人生を一つの舞台に見立て、人々がさまざまな役割を演じているという比喩です。

シェイクスピア
シェイクスピア

我が名は空虚。我が名を呼ぶ声に敬意はない。(「ジュリアス・シーザー」より)

 名声や権力は一時的なもので、それに囚われず、本質を大切にするべきだというメッセージが込められています。

シェイクスピア
シェイクスピア

この世の善悪は思考によってなる。思考が物事を天国にも地獄にもする。(「ハムレット」より)

 我々の視点や考え方が、物事を良し悪しと判断し、その現実を創り出すという深遠な洞察が示されています。

シェイクスピア
シェイクスピア

自分自身になりなさい。それが全ての人間からあなたを切り離すだろう。(「ハムレット」より)

 他人の期待に流されず、自分自身を大切に生きることの重要性を説いています。

さいごに

 シェイクスピアは、その卓越した文学作品と鋭い人間洞察により、世界の舞台に不朽の名を刻んだ劇作家です。彼の人生、作品、逸話、そして深深な思索から生まれた名言は、我々が生きる世界や人間性について理解を深める手助けとなります。

 物語の持つ普遍性と人間の心を描く巧妙さは、時間や文化の隔たりを超えて多くの人々に響き、今後もその影響力を保ち続けるでしょう。シェイクスピアの存在は、文学だけでなく、人間理解における一つの指針とも言えるでしょう。



タイトルとURLをコピーしました